江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS すみれ

<<   作成日時 : 2007/04/10 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

子供の頃からスミレと言えばパンジーの事と思っていたが山歩きをするようになって
此花がスミレだとわかってなんと奥ゆかしいと思った。
種類があり何スミレだか解らないがタチツボスミレと思う。
画像

画像

画像

色の濃い花も有るが種類は違うのだろうか?
画像

スミレはスペード型の葉をしているが葉の細く切れ込んだエイザンスミレもある。
大平台に分かれる道に生えている。一昨年探しあてホッとしている人に教わったので寄り道
をして探した。
画像

画像

画像

平成17年に見たエイザンスミレ。
画像

東海道線での話し。
東京駅で8時前の東海道線熱海行きに乗った。

我々より前から座っていた向かいの座席の30歳には間があると思われる2人の女性は一人は500mlの缶ビールを手にし幕の内弁当を組んだ膝の上に乗せ少量ずつ箸先に摘みながら飲んでいる。
中々堂に入った格好だ。

もう一人はカツサンドに缶チュウハイで此方も慣れた仕草で聞し召している。

小生は午後5時を過ぎないとアルコールは口にしないので驚きの目でたまに目をやっていた。
二人とも横浜までチビチビやっていたが中々の呑みっぷりだった。

酒はこうやって飲むのだとうら若き女性に見本を示された。

小生はせっかちの上20代に良く飲んだ酒の師匠にヤムセンヤムセン一滴も残すな
遅い奴は3杯ペナルティーと鍛えられたので目の前の若い女性達の飲み方にはえ
らく感心した。
帰りの電車で真似して呑もうとしたが発車前どころか500mlを6口で呑んでしまった。
椅子の肘掛に手を添え頭を垂れ反省といきたくなった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あでやかな桜や菜の花などに目がいきがちですが、今は菫の季節でも──土手の草むらや庭の隅にスミレを見つけると、やさしい気持になります。いつも思い起こすのは「菫ほどな小さき人に生まれたし(漱石)」と「♪菫の花咲くころ〜」という歌。じつは、私はあの宝塚歌劇のよさが少しもわからない(どころか生理的に嫌いな)んですが。
knaito57
2007/04/11 10:46
濃紺から薄い青、いろんな色合いが楽しいです。
いつもつい一株掘って帰ろうという衝動を抑えるのに苦労します。もって帰ってもきっと枯らすし、ベランダに置いたら可哀そうです。
私もチビチビができないので困っています。飲みすぎてしまう。
saheizi-inokori
2007/04/11 11:02
saheiziさん スミレやカタクリは山や野原で見るから美しいので
庭では案外映えないと思います。花壇に有る花はもっとケバケバシイです。
散歩好き
2007/04/11 12:22
knaitoさん 私は「山路来て なにやらゆかし 菫草」が好きです。
友達の子供が宝塚の一員で家族のご不幸の時、髪を結い上げた羽織袴
の若い人が集団でいたのには物見高くなってしまいました。
散歩好き
2007/04/11 13:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
すみれ 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる