江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS えどがわの舟運

<<   作成日時 : 2007/05/06 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

江戸川がかつて舟運で栄えたのは1650年頃東京湾に流れ込んでいた利根川を江戸の町を水害から守る為流れを銚子方面に変えた事と江戸川を関宿まで開削し利根川と繋げた事によってである。
以後大正年間鉄道網が完備されるまで松戸も流山も舟運で大いに栄えた。
日に100艘を越える高瀬舟が行き来していた。
東北地方のタバコ、紙、米、栃木の綿花、材木。利根川の上流からは新潟、長野からも荷が通過し江戸に向かったと言う。
江戸は各藩の屋敷が有った為武家住人の比率は高く生産性の無い武士の食い扶持は貨幣価値が統一していなかった時代で国許より米で送られ、その他の生活必需品と共に舟で外房を通るより安全な利根川から江戸川経由で江戸へと運ばれた。
霞ヶ浦、渡良瀬川から利根川経由で江戸川に入るルートも有った。
東武線新栃木駅の近くに豪華な船問屋の古い建物が残っているのもその名残である。
松戸の特徴は江戸人口が元禄には100万人を超え相模湾の魚ではまかない切れなくなって九十九里の魚を江戸に運ぶ中継基地として栄えた事である。
銚子からのルートは下総鮮魚街道と呼ばれその仕事を請け負っていた青木家の先代の講演録を紹介します。http://www.tante2.com/namakaidoh.htm
小生が子供の頃は焼玉エンジンを付けたポンポン蒸気船が汚わいや砂を甲板に水が入るくらい積んで往来していたが現在は若者のレジャーのジェットスキーだけが走っている。
画像

画像

画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
土手歩きは運動と自然観察ばかりでなく、郷愁や歴史に思いをめぐらす“いい時間”でもありますね。松戸と流山は似たような歴史を持っているので「下総鮮魚街道」は興味深く読んでいます。いつか布施まで歩いて利根川に……と思うのですが、自動車道路を歩くのはどうも。
knaito57
2007/05/07 10:24
knaito57さん 自動車道を歩くのは目も楽しめないしつまらいない
です。以前市川橋の手前癌封じの寺から蔵前橋通りに出て真っ直ぐ亀戸
天神に歩いていった事があります。
気持ちよかったのは幾つか渡った川の土手の緑と空気でした。
散歩好き
2007/05/07 12:39
江戸川の船運 面白く読ませていただきました。
一度に沢山積める商品等、舟で運ぶのは便利ですが
米、紙、タバコ等々全て水に濡れたら大変な品ばかりで
色々な事故などあったことでしょう・・・
現在のジェットスキーを楽しむ若者の写真を見て
考えさせられますね。今の若者は楽しむ為に
働くと言うのですからね。
sakura
2007/05/07 22:21
舟でたちが悪かったのは藩の名を入れた帆を張った侍の
舟で横暴だったとあります。
住む環境を良くする為に鍬とモッコと人海戦術で川を掘った昔の人
の苦労を思うと現代人にもレジャーを楽しむ人にも少しは知って貰
いたいと思います。
散歩好き
2007/05/08 07:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
えどがわの舟運 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる