江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS おおじしばり

<<   作成日時 : 2007/05/08 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

春は菜の花、タンポポをはじめ黄色い花が目立つ。
その一つにオオジシバリがある。
「地を縛る」の意だそうだ。茎がが長く地を這い節ごとに根を下ろす形が地面を縛るようだからの意。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今日の説明でふと感じた疑問、花の色にはどういう意味があるのかなあ?
saheizi-inokori
2007/05/10 08:43
花の色の意味は解りませんが五行説では黄色は土用、中央、胃、土、湿、甘等を著します。立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を土用と言い胃が丈夫になる時期です。春は肝、夏は心、秋は肺、冬は腎が丈夫になり季節の中間で一度胃に返して次の臓器が丈夫になります。体の基本的な働きをしています。伊勢神宮の本殿の建替えの時本殿中央の縁の下に杭があり天辺が黄色塗ってあったと言います。中央を著します。生命力の中心の色だと思います。
四季を問わず花の色として一番多いのでは無いでしょうか。
5月6日が立夏で7月19日までが夏で心臓が一番働く時です。しかし冷房や冷たい飲食物で熱の臓器の心臓に悪影響を与えるのはいけません。
散歩好き
2007/05/10 09:40
有難うございます。しかし、分かっていながら冷たいもの、特にビールが・・。
saheizi-inokori
2007/05/11 22:40
saheiziさん そのために心臓が丈夫な季節ですので程ほどにして
仕上げは燗酒でにしましょう。
散歩好き
2007/05/12 09:14
ああ、それですか!最近燗酒が美味しいのです。前はビール一本やりだったのに。
まず燗酒、咽が渇いてビール。順序が逆?
saheizi-inokori
2007/05/12 09:21
胃が体の中心です。胃を適度に暖かく保つ事が健康の元です。
胃がグワイ悪くなると不整脈が出てくる人も居ます。
ビールもあまり冷たいと味もわからないし適度に冷えているの
が良いですね。
心臓は火に譬えられ嫌うのは熱ですが火を克するのは水です。
散歩好き
2007/05/12 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
おおじしばり 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる