江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS つばめ

<<   作成日時 : 2007/05/16 05:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

ツバメが泥んこの水溜りに居る。
土を咥えているようだ。巣を造るのだろうか?
家人に病人が居るとツバメはその家の毎年来る巣には来ないという。
新居を作り新生活のスタートか?
画像

画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
つばめが巣を作っている様子を眺めていたことがあります。
どうやら分業をしているらしいのです。
二羽で作成します。勿論、つがいなんでしょう。
片方が泥を巣に擦りつけている間、片方が藁を加え待ち構えている
(ホバリングしていたと思った)
泥を付けるのが終わると再びどろを探しに行くと同時に
藁を加えたのが来て巣に組み込んでいく。
再び飛んでいく。
面白かった。
ぺんぺん草
2007/05/16 10:25
ぺんぺん草さん 念の入った仕事でご苦労さんと言いたいです。
人心が荒れているのか江戸川に行く途中でも壊されたツバメの巣
を見る事が有ります。残念な事です。
散歩好き
2007/05/16 12:30
そういえば徳島の友人の家ではそもそも田舎という事もあって
鍵も掛けずに寝てしまう。
農家の造りで土間にはいる扉の取っ手の穴が空いている。
「どうして?」と聞いたら
「つばめが巣を作るときの通り道」と答えられてびっくりしたことがありました。

人と自然との共生・・・
松戸でも元々はみな自然とともに生きていた筈なんですが、人が増え、林がなくなり、田や津がなくなり、空き地さえ有効利用。
公害で新坂川、坂川は汚れ護岸工事をした。
ご丁寧に、看板には「危険だから川には近づかない」趣旨の事を書かれている。
護岸工事をすると川との距離が遠くなってしまって、大事にしなければならないという気持ちも薄れる。(続く)
ぺんぺん草
2007/05/16 13:01
病人がいるとツバメって来ないんだ。
知らなかったよ。
つばめはどうやって病人がいるってわかるんだろう・・。
ひろちん
2007/05/16 13:29
ぺんぺん草さん 坂川は護岸されている所は土で皮に入れました。
染物やさんが2軒あり染め上がりの反物の糊を洗い流していました。
昭和30年くらいまでやっていたかな。
散歩好き
2007/05/16 13:48
ひろちんへ 近所の人の実体験だからそうらしい。
人間も文明が発展しない時は勘が鋭かった。
散歩好き
2007/05/16 13:52
坂川、新坂川からは離れてますが、私の家の周りは井戸水が豊かだった為か隣は紺屋さんという屋号でして、仕立て直しの為だと思いますが洗張りをやってました。
ぺんぺん草
2007/05/16 16:12
ぺんぺん草さん 松戸が人口の膨張をする前の古きよき時代
の話しですね。
散歩好き
2007/05/16 18:40
ええ、ただ(察するに)散歩好きさんよりは年代が下がります。
私の年代は人口が膨張し始めていた頃です。
物心ついた頃、坂川はすでに生活雑排水で汚れ始めていました。
ただ、父に連れられて二〜三歳の頃新坂川にピンコロを釣りに行った
らしいです。
いずれにしても、北松戸の工業団地からあの廃液を流し始める前ではありました。
ぺんぺん草
2007/05/16 19:32
小学校の頃は松戸神社の横の坂川に流れ込んでいる小川は長靴で
線路の方から坂川まで縦断したものです。
坂川に出ると土の土手にカワセミが巣を造っていた。
散歩好き
2007/05/16 20:00
あの〜私も昨日ツバメを写しました。
ドロをつついていたのです。
初めてツバメを写したのですが一番下の写真のように
頭が青い色をしていました。ツバメは黒だと思っていましたので
驚きました。黒いのも居ました。種類が違うのですか?
sakura
2007/05/16 20:01
sakuraさん あくまでも光の具合で青く見えるのだと思います。
江戸川の大河では5年間で1日だけカルガモが6羽の赤ん坊を連れ
ているのを見ましたが翌日は現れませんでした。
現在カラスの雛が孵りましたが最初雛は何色か楽しみにしていたのですが
下から見えるようになったら体は黒で嘴が黄色でした。
散歩好き
2007/05/16 20:08
あの川は確か神田川
サニーランドのある辺りの谷津から流れてくる川ですね。
現在はあの川の殆どの部分は暗渠になっていて、大正寺から線路に出る辺りから開渠になり、無味乾燥なU字溝になって坂川に注ぐ。
ただ、坂川への注ぎ口の所が紅葉で覆われている時は綺麗だなあ・・・と思い、思わず眺めている事があります。
坂川に今でもカワセミが見られる事がありますが、橋の下に済んでいるみたいですね。
カワセミが横穴を作りやすい所は今の坂川ですとちょっと無理か・・・
ぺんぺん草
2007/05/16 23:11
そうですか。たまに江戸川で見かけるカワセミは近辺に
住んでいるのですか。巣にぶつかる幸運を願いましょう。
散歩好き
2007/05/17 07:47
カワセミは行動半径が2~3キロに及ぶと聞いたことがあります。
江戸川で見かけるカワセミはもしかすると水元公園やその他の
樹林地という可能性も高いですね。

下総台地の各地谷津の林縁を歩くと崖の途中にカワセミの巣と思われる穴が度々ありますね。
下から攻められない、かといって上からも襲えないほどよい位置に
あるのが面白いと思ってみています。
ぺんぺん草
2007/05/17 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
つばめ 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる