江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS おにげし

<<   作成日時 : 2007/05/17 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

ああ皐月 仏蘭西の野は 火の色す 君の雛罌粟 我も雛罌粟
一面のレッドポピーに与謝野晶子が詠んだ如く血を沸き立たせる色である。
川原の雑草の中に一輪、場違いな花があった。
画像

画像

画像

葉と花の茎の強い毛の密生と切れ込んだ葉でオニゲシと思う。栽培違反種でないと安心した。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
江戸川は奥が深いなあ
侮れませんね
ぺんぺん草
2007/05/17 10:10
コクリコ、ポピー、アマポーラ、雛罌粟、歌や文字だけでは同じものとは分からなかったです。神経衰弱というトランプの遊びのように何度も見ているのに同じものと認識していない。
saheizi-inokori
2007/05/17 10:49
ぺんぺん草さん 遠くで見る分にはあれと思いますが近くで
見るともしや過去に於いて東南アジアのゴールデントライアングル
と言われた地域で栽培されていた物では?と疑いました。
散歩好き
2007/05/17 12:08
saheiziさん 花壇で見るポピーに比べるとチョット毒々しい
感じが有ります。色々な名で呼ばれていますね。
漢字にヒナゲシなどは解るのは雛だけです。
散歩好き
2007/05/17 12:11
どっからやってきたのでしょうか?
こわそうな花ですね。
ひろちん
2007/05/17 13:00
周りには見かけないので鳥が運んだのかしら。緑の中に真っ赤に一輪咲いていたのでとても綺麗ですよ。
ねぼすけ
2007/05/17 13:35
それにしても同じ仲間なのにかたや悪用される物質が入って、
かたや入っていないというのも何というか面白いですね。
もっとも毒キノコと食用キノコもあるからああいうものだと
思えば良いのかも知れませんが
ぺんぺん草
2007/05/17 18:45
ぺんぺん草さん ナス科のイヌホウズキが古ヶ崎の水門にくっついてあります。これは毒持ちです。
散歩好き
2007/05/17 18:57
イヌホウズキは何度見てもホオズキもどきには見えませんね
どうしてああいう名前にしたのかさっぱり分かりません。
黒くて食べたくなるような実ではありませんが、毒とは知らなかった。
ヒヨドリジョウゴは実に美味しそうな実ですがあれも毒ですね。
昔何も知らない頃オキナワキョウチクトウの実をかじったら苦くて
出してしまった。
「あれが目に入ったら目がつぶれるのだよ」と言われ驚いたことがあった。
ペンペン草
2007/05/17 19:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
おにげし 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる