江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS かわう 大鯉を呑む

<<   作成日時 : 2007/05/26 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

カラスが漁をしたところから100m下流で黒い鳥がもがいていた。
どうやらカワウが大きな魚を咥え上を向いたり水面に打ち付けたりしている。
写真で見ると大きな鯉を咥え咽を目一杯に開きカワウの獰猛さが見えた。
カワウが水面から首だけを出している。口を一杯に開き胴回り1m近い鯉を呑みこんでいる。
黄色の部分はカワウの喉、黄色に縁取りされた嘴が丸く開き手前が鯉の尾で頭が呑みこまれている。
大きな鯉が筋肉を震わせ左右に暴れているのにカワウは首だけで支えむち打ち症にもならず
鯉を飲み込むのである。
産卵の時期にヒドリカモやオオバンの脇を悠々と泳いでいた鯉のの末路である。
諸行無常を感ずる。
画像

画像

画像

画像

このhttp://edogawa.at.webry.info/200704/article_33.html大きさの鯉を呑みこんだのである。アナおそろしや!
江戸川上空の鵜http://www10.plala.or.jp/t-hirano/1510edogawajyoukunou.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スクープですね!凄い、お腹の中に納まるんだろうか。
鯉は気をつけて持たないと鰭で手を切られると教わりました。鵜の腹が切れないのかと思います。
saheizi-inokori
2007/05/26 23:01
以前餅を食べて窒息した老人の話を聞いたことがありますが、カワウは良く窒息しないものですね。
私はヘラブナさえ飲み込めません。
ぺんぺん草
2007/05/27 06:13
すごいものとりましたねえ。
まさしく食物連鎖ですね。
ひろちん
2007/05/27 11:36
saheiziさん 呑みこんでかもごつい骨はどうなるのでしょう?
以前500羽位のカワウが一斉に川に入り漁をしているのを見まし
たが何十匹がの鯉を呑み込んでいったと?思います。
散歩好き
2007/05/27 19:05
ぺんぺん草さん カワウは咽と喉と何処で別れるのでしょうか?
考えられない大きさの者を飲み込んでしうすのは自然界の脅威ですね。
散歩好き
2007/05/27 19:13
ひろちんへ チョット遠過ぎて連写できなかったのが残念。
散歩好き
2007/05/27 19:15
ほんとだ。昔中華料理のコースには鯉のから揚げがご馳走だったけど、あの骨は煮ても焼いても食えませんね。いまごろ鵜の奴ハライタ起こしているかも。
saheizi-inokori
2007/05/30 14:23
saheiziさん カワセミも小魚を丸呑みにしますが骨をはじめ不消化
物を丸めてペリットとして口から出すそうですがネットで見る限りでは
カワウの名は出てきません。フクロウ、ハヤブサ、チョウゲンボウetcも
骨や毛、バッタの足等が吐き出されると書いてありました。
太くて丈夫な鯉の骨はどうなるのでしょうか?
散歩好き
2007/05/30 14:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
かわう 大鯉を呑む 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる