江戸川風景

アクセスカウンタ

zoom RSS かいつぶり

<<   作成日時 : 2007/11/01 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

カイツブリは見るからに小型だ。
目付きが鋭くいたずら小僧に見える。
事実水面を遊んでいるのだろうが2羽で猛烈なスピードで追いカケッコをしている。
漢字では「鳰(にお)」と書く。「鳰の海」は琵琶湖の事。
古老によるとこの辺では「むぐりッちょ」と呼んだと言う。
画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
私はカイツブリが大好きです。
かわいいですね。いたずらっ子のようで、、
sakura
2007/11/01 10:41
sakuraさん カイツブリの目付きが好きです。
江戸川は広くどんどん沖へ行ってしまうのでなかなか
観察できません。
散歩好き
2007/11/01 12:14
万葉集にでてきたような気がします。
saheizi-inokori
2007/11/01 15:46
saheiziさん 鳰で検索すると二首ヒットしました。すごいですね。
平安時代は「にお」で室町以降「かいつぶり」だそうです。
にほ鳥の 潜(かづ)く池水(いけみづ) こころあらば 君に我(あ)が恋ふる 情(こころ)示さね


(大伴坂上郎女 万葉集 巻四 七二五)


にほ鳥が潜る池の水よ、お前にこころがあるなら、私の恋い慕う気持ちを(水面に)示しておくれ。

にほ鳥の 息長川(おきながかは)は 絶えぬとも 君に語らむ 言(こと)尽(つ)きめやも


(馬史国人 万葉集 巻二十 四四五八)


息長川はたとえ絶えてしまうことがあるとしても、あなたに語りたい言葉は決して尽きることはありません
鳰でHPを検索した結果です。有り難うございます。
散歩好き
2007/11/01 16:11
カイツムリの事を平安時代は「にほ」と?
saheiziさんすごい!
散歩好きさんも又お調べになるなんて凄い!
何と素敵な歌でしょう・・・
こんな歌を詠んでもらったらイチコロ・・・かな?
sakura
2007/11/01 17:26
sakuraさん カイツムリのことを成長したロマンスの対象には
見えない小生は詩も詠めないし身を焦がす恋愛も出来ません。
散歩好き
2007/11/01 18:01
むぐりっちょ、ではこういう歌のイメージは湧かないでしょうね。
saheizi-inokori
2007/11/02 11:19
saheiziさん 小生は東人(アズマビト)の百姓を実感しました。
散歩好き
2007/11/02 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
かいつぶり 江戸川風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる