アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
かんむりかいつぶり2
このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。 http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一更新をめざします。 前回は設定失敗ではっきり写らなかったので 機会を待ていた。 一週間経っても同じ場所にいた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/26 08:36
すずめ とびあがり
このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一更新をめざします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/25 07:41
もず ちゃくち
このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一の更新で行いたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/24 06:13
ほおじろとぶ3
このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。 http://pub.ne.jp/sanpoman2/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/23 07:05
つぐみりりく
ツグミは地面に居て鎌首をあげ獲物を探している。 激しく地面を突付きミミズを食べている。 飛行機の離陸のように地面から離れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 08:06
ちゃくすい
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/21 08:04
もず むかってくる
正面から見ると隈取をした下三白の眼は鋭い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/20 07:45
じょうびたき むかってくる
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/19 07:53
かわせみ とびだす
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/18 08:05
うぐいす
葦原にジュクジュクと声が聞こえる。 ウグイスの地鳴きらしい。 姿は見えぬ。 影が見えてもアッチこっちにに跳ね葦も邪魔をしなかなか写らない。 しかし今日葦の隙間からウグイスが垣間見られやっとピントが合った。 knaito57さん、sakuraさんが庭に来たウグイスを大きく写したのを見てあやかりたいと思っていましたがやっと写せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/17 07:32
かんむりかいつぶり
2月に松戸川でオオバンと一緒にいるオオバンより大きな優雅な顔の鳥を見かけた。 直ぐに潜水し見えなくなった。 江戸川本流で白ぽい鳥を見た。カンンムリカイツブリだ。 松戸川で見かけた鳥だ。現在は夏羽に換羽中だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/16 08:40
ばん
口ばしから額にかけて赤くなったバンだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/14 08:32
たかとびこみ
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/13 08:08
かわらひわ
カワラヒワはモスグリーンの体に羽には黄帯がはいる。 翼を拡げて始めて解る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/11 08:06
たひばり
冬鳥が大分いなくなった。 カモ類もオオバンも見えなくなった。 タヒバリは数が増えたようだ。 セキレイ科なのでチーチーとセキレイの声に似ているが細い声だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 08:38
はっしゃ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/08 08:03
ひよどり
何処かの庭でバナナを餌として鳥にあげているのだろう。 輪切りにしたバナナを咥えたヒヨドリが飛び出したきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/07 08:37
あかはら
渡り鳥のツグミは沢山いる。土手や川原でピョンピョン跳ねている。 ツグミの仲間のアカハラはこの1羽しかいないのだろう。 背面はオリーブ色、脇腹はオレンジ色で腹は白っぽい。 警戒心が強くなかなか写せない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/06 08:02
かわう とぶ
温かくなってきたので見る方も鳥が水につかっても気にならない。 カワウは早朝に大集団で飛ぶ事が多いが昼間は1羽2羽で行動している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/05 08:36
すずめ にあみす
視界良好そのまま直進 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/04 08:35
じょうびたき 平均台
ジョウビタキは一ヶ所にジットしていない。ちょくちょく飛び上がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/03 07:57
じょうびたき とびもの
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/02 11:15
夕暮れに飛ぶ ちょうげんぼう
夕方暗く成ってからチョウゲンボウが旋回する事がある。 普通は通り過ぎるだけなのに2,3分旋回していることがある。 もう狩は無理だろうに、ひとしきり飛ぶと巣に帰る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 08:39
まつど川 越の じょうびたき
樋ノ口水門から赤入水門間の松戸川両岸の葦が自治会長の肝いりで刈られた。 ごみの山だったのがずいぶん綺麗になった。 葦で遮られて見えなかった松戸川も姿を現し土手側から対岸のジョウビタキを写した。 チョコマカじっとしていなくて追いづらかったが辛うじて写った。 上2枚はジョウビタキが此方に居た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/29 08:42
ほおじろ
メス 顔の模様が薄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/28 08:24
もず とぶ2
晩秋に高い梢に止まってギィーギィー鳴いていたモズも 寒くなる1m位のところに良く留まる。そして地上すれすれの所を飛ぶ。 地面にも良く降りている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/27 08:32
おおあわて
カワラヒワの飛び立つ瞬間です。 斜めになったり、裏返ったり種々の格好で飛び立ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/26 08:33
むくどり
スズメと共に多い鳥でスズメと一緒に土手で餌を食べてる事が多い。 夜、街の街路樹をねぐらとし糞害を起こし敬遠されることもある。 顔はM.Jを連想させる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/25 08:12
じょうびたき3
番で居る鳥が多いのにジョウビタキはオスメスそれぞれテリトリーを持つという。 江戸川では残念ながらオスを見た事が無い。 メスは古ヶ崎に水門付近に一羽、樋ノ口の水門付近に一羽居るようだ。 其の外を探せばオスは居るのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/24 08:29
あおじ
アオジも冬にやってくる。 全体黄色っぽい。オスは目の周りが黒ずむ。尾の端が白い特徴がある。 この鳥もホオジロ科だ。 日陰の道で地に落ちた雑草の実を啄ばんでいる。 ホオジロと一緒に居る事も多い。 川原では日陰の道に居て色合いも地味なとりですが日光戦場ヶ原で双眼鏡をのぞいている 一団が居て先をみたらアオジだった。環境の違いは鳥にどんな影響があるのだろうか?。 メス ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/23 08:34
このゆびとまれ
合集 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/21 08:08
おおじゅりん
冬になると江戸川に来る。 北海道や東北地方で繁殖するという。 夏羽では頭が黒くなるそうだ。 寒い川原で頼りげのないチュイーンチュイーンと鳴く。 葦の枯れ茎に留まり其の髄にいる虫を食べる。 ホオジロの親戚でホオジロのメスと良く似ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/20 07:21
しじゅうから
高原で木の上で気持ちよく鳴いているシジュウカラも 川では葦の根本で髄をほじくっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/19 08:34
ひばり 
寒いけど陽射しは当に春。 ヒバリは空に舞い囀りはじめた。 春だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/18 08:04
ばん
バンの成鳥は嘴から額にかけて赤い額板がある。 これは幼鳥で淡い肉色をしている。 羽に白い線がはいる。 泳ぐのに首を前後に大きく動かし泳ぐ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/17 10:58
めじろ
水辺の枯れ葦にはたくさんの鳥が群れる。 8時を過ぎ幾分温かくなるとメジロが来る。 葦の隋に居る虫を食べるようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/16 08:04
夕方の めじろ
夕方葦の中のメジロを見ていてメジロも葦の髄にいる虫を食べているのが解った。 葦に留まって茎をつついていた。 夕日で赤みがかったミドリはくすんでいた。 NHKの店を開ける前の番組でメジロの鳴き声のコンテストがあり最上位にランクされると 数百万円の値がつくと言っていた。そのために密猟が多いと。 ホオジロの鳴き声は澄んだ良い声で度々聞くがメジロが美しく鳴くのは聞いた事が無い。 いずれ聞けるだろう。楽しみが増えた。 関西以西では一家に一羽メジロを飼う事は許可されている県もあるそうだが愛好家... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/15 07:58
あかはら
去年もこの時期一番寒い時に出会った。 フィリピンや台湾で越冬するというが シベリアへの帰り道なのか ツグミの仲間でお腹がオレンジ色である。 アカハラのお腹、ジョウビタキ♀の背中はオレンジ色の暖色で寒い川原では安心感と暖かさを与えてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/14 08:05
じょうびたき2
2月11日谷中の墓地でジョウビタキのオスが目の前の木に留まった。 クロの頭に黒の紋付、メスよりメリハリがある。 カメラを持参してなかったのが残念だった。 江戸川では未だオスを見ていない。 メスものっぺりした顔と小さな真ん丸の眼が愛らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 07:40
ちょうげんぼう
巣から離れ暫らくになるが時々飛んでいるのを見かける。 今日はヒヨドリの群に混じっていたが中学校の校舎に留まった。 次に木の上。 電線と段々遠くに行ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/10 10:27
つぐみとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/09 08:48
すずめ大飛翔
...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/08 08:34
ほおじろとぶ2
解りにくいですが左に飛んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/07 08:21
はくせきれい2
ハクセキレイは羽を畳んで飛ぶ距離が長い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/06 08:36
こみみずく3
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/05 08:35
こみみずく2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/04 08:41
こみみずく
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/03 08:21
ほおじろとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/02 08:34
のすり ほばりんぐ
チョウゲンボウのホバリングは度々見たがノスリもホバリングするようだ。 カラスに追いたてられて100mもしない所でホバリングをしたが野ネズミは取れなかった。 カラスに攻撃されても意に介さないみたい。大物だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/31 08:57
いじめられっこ にげる
19年3月戯れhttp://edogawa.at.webry.info/200703/article_3.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/29 08:35
からす おそう
ノスリを見失い確か対岸に行ったはずだと探していたら こちらから渡っていったカラスが急降下をくりかえしている 飛び方が攻撃的で尋常ではない カラスを写していたら草叢から急にノスリが飛び出した。 夕暮れで暗かったのが残念だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/26 08:31
のすり
カラスとほぼ同等の大きさでやや小さい。上嘴の下に曲がった猛禽なのに去年からカラスに虐められてる姿しか見ていない。 タカの仲間だが目が柔和で顔が優しい。 今年も1月2日にカラス2羽にモビングされている処を見物したが何処吹く風で常駐しているらしい。 今日も攻撃された所から100mも離れてないところで悠々と休息していた。 顔つきからも大人の風格がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/24 08:27
ろけっと弾
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/23 06:30
全員集合
次々に降下し 地面を突付いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/22 08:09
よーいどん
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/21 08:15
かわらひわ2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/20 14:52
かれすすき
♪俺は川原の枯れススキ〜。 天保水滸伝を連想する。利根川河口近くの渡世人の争いの物語であるが侍くずれの平手造酒が主役の話だ。江戸時代は利根川〜江戸川経由で銚子から江戸に九十九里の魚を運んでおり松戸も其の中継基地として栄えた。その余聞として流域の松戸平潟の遊郭に平手造酒が居座り酔って柱に切りつけた太刀跡があったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/13 08:35
あおじ めす
ススキの際で遊んでいて 20mくらいでも近づくとススキの中に逃げてしまう。 手前のススキに邪魔され残念だが鳥の紹介とする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/12 08:48
たひばり2
土手にはヒバリとスズメが多いが冬になるとタヒバリが混じる。 クロとグレイの地味な鳥だが目が可愛い。 年があけると群れを成すが未だ番でいるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/11 08:33
わたあめ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/09 08:21
あん めい
散歩の行きは日の出前 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/08 07:44
みんななかよくはならなかった。いじめられっこ
去年の3月ノスリがカラスに攻撃されている姿を見た。 猛禽は強くあって欲しいと思うが、 又カラスにいじめられ逃げるのを観察してしまった。 夕日にはえる、いじめ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/06 09:37
’08 1 2ゆうひ
1月2日は晴天北風やや強風の絶好の夕日観察日和だった。 暮に撮った時より太陽と富士山は近づいた気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/03 08:42
はつひので
平成20年1月1日午前6時53分 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/01/01 07:49
すずめ着地2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/31 08:34
ゆりかもめ
白い海鳥はウミネコが多かったが ユリカモメが多くなった。 足が赤いのが特徴だ。 子供の頃に歌ったカモメの水兵さんの所為でスマートな感じを持つ。 ウミネコに比べると目つきが優しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/30 07:48
きじ
冬のキジは鳴きもしないしオス同士でいる。 動物は繁殖期を知っていて無駄な勢力は浪費しない。 人間は1年中その気になり腎虚なる言葉まで造る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/29 07:50
さいごのいっこにありつくすずめ
この後ムクドリ3羽が並んで突付いて蔕だけになった。 お終い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/28 08:36
07 12 27
月が西の空にあり川原は霜で真っ白。空気は冷たい。 鳥も暖を取る為毛を膨らませている。 松戸川は水温の方が高いから川面は蒸気でもやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/27 09:34
とうとう終わり
何十個とあった柿も残り3個になった。 朝な夕なに良く食べたものだ。 カラスが体が大きいだけに枝を揺すって上手そうに食べている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/27 08:53
なごり柿
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/26 07:48
じゃまでない着柿木
前3編と同じ状況だが飛び方の上手い着木。 木に留まる直前方向転換をする。危機感は無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/24 09:01
じゃまだじゃまだ3
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/23 08:13
じゃまだじゃまだ2
柿を食べている同僚に割り込むムクドリ。 体が大きいから事故に成ると大変と見たが上手い事激突はなかった。 食べるのをやめ身構える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/22 08:03
じゃまだじゃまだ
1本の柿木に多数のムクドリが集りケンか押し競饅頭か知らないが 甲高い声を上げる事がある。 大抵は後から行った鳥が逃げるので留まる場所の争いで前任鳥が追い払うようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/21 07:49
つぐみ
ツグミは地面で餌を漁っている事が多い。 ピョンピョン跳ねながら行動している 。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/19 07:58
ひよどり
ヒヨドリの声はギーギー刺激的な声と思っていたが ホオジロの鳴き声を野蛮にしたよな鳴き方もする。 最近は隣の梅の木に来るヒヨドリに6時前に起される。 名前からすると優雅な姿と連想するが姿は美しくは無い。 江戸川で朝日の中柳で遊ぶヒヨドリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/18 08:10
すずめ も味覚音痴か?
同じ柿に集るスズメ。 スズメは小さく柿ノ木でパチンコの玉が釘に弾かれるような 感じでチョコマカしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/12/17 08:37
柿と むくどり
向かいの家の庭には毎年たわわに柿が生る。 ムクドリ、スズメ、カラス等が集る。 家の人は実を採らないから渋柿なのだろう。 鳥達は美味そうに果汁をすすって行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/16 07:35
すずめアップ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/15 08:41
おおじゅりん2
寒さとともにオオジュリンが増えてきた。 寒い川原にチュイーンチューンと不安げに鳴く。 道路際のススキに留まるがそうとう遠くでも奥に逃げていきなかなか写せない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/14 08:09
もず とぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/13 08:32
すずめ を散らす
一気に散らばることを「蜘蛛の子を散らす」と言うがスズメが逃げて飛び去る様の方が しばしば眼にするし表現として適当な気がする。 広辞苑によると「蜘蛛の子は袋を破ると、多くの子が四方に散ずるから」と有った。この実態は眼にすることは無い。 スズメの方は散歩の度に見る。良く眼にする方が馴染みやすい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/12 08:23
かわらひわ
コスモス畑を2分しているのはスズメとカワラヒワだ。 カワラヒワはモスグリーンの体に羽に黄色い帯が入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/11 08:13
すずめ着地
スズメをスズメらしく見るのは着地、着木のとき細かく羽を動かしブレーキを 掛けながら留まる時だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/09 08:23
おなが
主水新田(もんとしんでん)の中洲である。 オナガを見つけた。 中ノ島で自由に遊んでいる。 濃紺のベレーを被ったライトブルーの美しい鳥だがカラスの仲間だ。 声はカラスより濁る。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/08 08:32
からす
冬は鴉が多い。 川原にも街中にも 濡れ羽色は綺麗だと思うが好きにはなれない鳥だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/07 08:08
すずめ飛ぶ
スズメは寒くなると群れてくる。しかしねぐらは決まっていて其処は一年中朝な、夕なに賑やかだ。 土手で群れるスズメは一斉に飛び立ち一斉に地面で雑草の落穂を食べ 指揮官がいるのか本能のままか一斉に行動する団体行動には眼を見張る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/06 08:41
ひどりがも
そんなわけで離水は撮れないが足を収納しない状態からの ヒドリガモの飛翔です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/04 07:29
こがも
川原には台風の増水の後出来た池が3ケ有る。 ススキや雑草に覆われ近づくのは難しい。 チョットでも音を立てると水面を見ないうちにカモは飛び立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/03 07:58
すずめ群飛
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/02 07:28
まがも
オス、首の緑色のマガモを江戸川で見るのは初めてだ。 緑がなんとも美しい。 食べると肉が締まっていて一番美味いと聞く。青首と呼ぶのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/01 08:17
はくせきれい
冬になって増えた鳥だ。 顔が白いのが特徴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/30 08:06
すずめ
土手はスズメに占有されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/29 07:51
つぐみ2
川原にあるビラカンサの実をツグミが啄ばんでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/27 08:29
はねひかる
土手を越えた光が逆光になってスズメのはねが透けていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/26 07:56
ゆうひ2
江戸川の入日が富士山と重なる事はあるのだろうか。 富士山の頂上に夕日が重なるのをダイヤモンド富士と言う。 夕方は休み以外江戸川にはいけないので何時行けば可視できるか見当も付かない。 夕方は富士山が見えることも少ない。11月23日試しに江戸川に行ってみたが何も掴め なかった。 陽の右に富士山は有るのだが見えなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/11/25 07:42
かわう早くも婚姻色
カワウの頭が白くなるのは繁殖期に入った印。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/25 07:11
かるがも
ススキが多く水面はやっと見えるだけだ。 飛沫を上げる瞬間は取れなかったが離水から一拍置いた飛翔だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/24 07:54
うるとらC
スズメが欄干に留まる時後ろ向きに留まる事もあるようだ。 下から着地点前方に飛び上がりバックして上手く留まるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/23 07:26
あさやけ
一本足 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/22 08:06
すずめ とびだし。
冬はスズメが目立つ。 NHKの連ドラのタイトル画にもスズメが飛んでいる。 スズメは身近な鳥で馴染みがあるが川原では群れている。 飛んでいるスズメに焦点は合い難い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/21 06:28
cfひばり
ヒバリは春だけのものではない。 今足元から不意に飛び出す鳥はヒバリだ。 今年の秋は曇天が多いが日本晴れの日には中空で止まってピーチクやっている。 冬には枯れ草にあわせて羽の色は濃くなっている。 冬でもスズメに次いで多いのがヒバリだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/20 09:03
たひばり も 来た
冬鳥でこれも先発で様子を見に来たのだろう。 この鳥も土手川原で群れを成す。 セキレイの仲間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/20 09:03
つぐみ&あかはら
寒くなると江戸川にやってくる。 土手にも川原にも沢山来て背を伸ばし鎌首を持ち上げる姿勢でいるツグミを 今冬初見した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/19 08:14
川面にうつる
07’11.18晴天で風も弱く水面は鏡のようであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/18 13:02
きじ めす 駆ける
日の照る時きじは藪からでて日光浴をしている。 急にトコトコ逃げ出した。 もっと前に気が付けば腹ばいになっているところを写せたろうに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/18 07:24
おおばん浮上
オオバンが帰ってきた。 早速潜って藻を食べている。 浮上の瞬間を撮った。 オオバンが潜り飛沫が上がる。右上は水没寸前のオオバン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/16 07:59
のびたき3
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/15 07:58
あおさぎ
松戸川のアオサギ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/14 08:50
じょうびたき
川原に下りたら給水塔に通じる橋の欄干からフィーフィーと挨拶があった。 見上げるとジョウビタキが呼んでいた。 1時間半後散歩の帰りには降りてきて近くで姿を披露してくれた。 冬鳥で今頃から4月までいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/13 08:07
ゆうひ
以前の夕日http://www.honcho-matsudo.com/hirano-shinnen-edogawa.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/12 07:57
のびたき2
今頃は東南アジアに帰っている鳥なのですが暖冬の所為か未だいます。 10月21日にアップしてますが小生には初めての鳥です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/11 08:39
もず
モズが高い木の上から低い所に留まる事が多くなった。 鳴く姿を近くで見ると声を出す時は尾の位置でくの字に曲がる。 キキキーと周りを威圧するには力が入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/10 07:14
せっか
セッカが手を伸ばせば届く所に留まってくれた。 テレコンをつけたままだと近すぎて焦点が合わない。 外す間に逃げないかと用心しながらテレコンを外しても 仲間と思ったか暫らく相手をしてくれた。 ジックリ撮れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/09 08:35
みさご さかなをもってとぶ
ミサゴが消えた方に川原に出られるところに急いだら 川の中空をミサゴが飛んできた。 何かを持っている。. ミサゴは水面にいるボラ等大き目の魚を足でガッチリ捕まえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/08 07:58
みさご せんかい降下
ミサゴを初めて見た。 羽ばたきをせず螺旋を描いて降下して行く。 川の方だがどうするのだろう? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/07 07:37
みさごvsからす
侵入者は猛禽であっても土着のカラスの洗礼をうける。 ミサゴは相手にしていない感じだった。 画面をクリックすると写真が拡大され解りますがミサゴは魚を持っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/06 07:40
みさご
羽の大きな鳥が舞っている。 はじめてみる鳥だ。しかも形態から猛禽だ。 頭が白い感じだ。羽の下面も白い。 PCで姿を見るとミサゴらしい。ここでこんな鳥を見られるとは嬉しくなる。 ミサゴはタカ目タカ科で海辺の断崖に住みホバリングから急降下して水面の魚を採る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/05 07:51
りゅうおうきょう07'1103
夏に痛めた膝が思わしくない。 天気も関東の北は晴れるが海沿いは曇りだ。 去年行った竜王峡ならアップダウンは無いし7km位なので其処で紅葉を楽しむことにした。 乗りなれた北千住発6時31分六両編成の会津田島行きで前二両は東武日光行きだ。 電車を待っているあいだにあわよくば日光の方が良いかなと迷った。 しかし紅葉の時季はイロハ坂を登るのに何時間かかるか解らない。 電車は今迄経験の無い混みかたなので龍王峡にしたが此方の車両も大変な混雑だった。 北千住から乗った人の2/3は座れない位だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/11/04 06:34
ほおじろ メス
ススキの間の細い道を歩く小生の前をチョットづつ逃げる鳥がいた。 写ったのを見るとなんだか分からない。 あるサイトで聞いたらホオジロのメスと納得した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/02 22:29
ほおじろ
漸く早朝は冷気に身が引き締まる様になってきた。 冷たい川原に澄んだか細いホオジロの声がピーチクピーヒュルヒュルと聞こえる。 やっと晩秋、初冬の感じでしみじみしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/02 08:06
かいつぶり
カイツブリは見るからに小型だ。 目付きが鋭くいたずら小僧に見える。 事実水面を遊んでいるのだろうが2羽で猛烈なスピードで追いカケッコをしている。 漢字では「鳰(にお)」と書く。「鳰の海」は琵琶湖の事。 古老によるとこの辺では「むぐりッちょ」と呼んだと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/01 07:53
あかとんぼ
晴天の下赤とんぼがオス雌繋がって何組も飛んでいる。 昨日の雨で出来た水溜まりに産卵している。 水溜りは明日には干上がってしまうだろうに。 羽が写らなかったが写し方はあるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/31 08:15
だんとう
時ならず桜が咲いたとか 百舌の初泣きが未だとか新聞をにぎわしている。 江戸川もモンシロチョウで一杯だ。 写真では群舞している所は撮れないがアップの写真を披露する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/30 07:44
だいさぎの集団
ウミネコが水辺でジット立っている事は良くある。 対岸に近い中州で白い鳥がじっとしている。ウミネコだろうと写してみた。 写真でみるとダイサギだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/28 07:36
はくれん
植物ばかりでなく魚も外来種が多いらしい。 釣り人が大きな魚を釣った。 しかし手元に引き寄せても嬉しそうでない。 目当ては鯉らしく大きいが雑魚なので 水面から釣り上げずにリリースした。 魚は浅瀬で横になっていたが 徐々に体をずらし深みに移動し泳いで行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/27 08:31
かわう
今頃は午前6時前に500羽以上の大編隊で来襲する。 その時間は今年は起床時なので何が起きているか解らない。 今朝は二羽で出迎えてくれた。 近すぎたので画面に入りきらなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/25 07:40
あき の きじ
キジは秋には鳴かないので亦雑草も生え放題なので見かけない。 今日は鳴きながら飛び出してきた。 オスが二羽というのは珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/24 08:01
おおじゅりん
オオジュリンも早々と着ているようだ。 稀にチュイーンとそうかなと言う鳴き声を聞く。 遠くから狙った鳥がオオジュリンらしく写っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/23 08:24
あき
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/22 07:54
のびたき初お目見え
羽に白い斑点も無いし目の感じもジョウビタキとは違う。 ノビタキと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/21 08:37
きんくろはじろ&ひどりがも
早朝は寒くなった。 ジャージーを着ても肌寒い。 今日は江戸川では珍しい冬鳥のキンクロハジロを見た。 対岸近く遠くにオスが一羽浮いていた。 小生は江戸川でオスのキンクロハジロを見かけるのは初めてだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/20 07:58
もず
佐藤ハチロウの「小さい秋見つけた」ではないが この所モズが多い。 モズは色んな声でなく。 鋭い声もあり柔らかな声も有る。 ギャングの様に目を黒い線で覆っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/19 08:16
あおさぎ
アオサギは関東周辺では木に留まる最大の鳥だ。 100m先の木に留まっていたがゆっくり写させてくれず逃げ出した。 取って喰おうと言う訳ではないのだからゆっくりしてもいいだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/18 08:42
すすき&せいたかあわだちそう
荒地を代表する植物だが ススキが穂を出しセイタカアワダチソウが黄色い花を付け出した。 嫌われ物のセイタカアワダチソウも咲き始めは勢いがあり美しい。 この両者に直にオオジュリン、メジロ、ホオジロ年が明けるとウグイスが来る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/17 07:46
こすもす
コスモスが9月はじめ3日間の水没に会い壊滅状態にあっが今になって丈夫な苗が 綺麗に盛りを迎えた。 大半が黒く倒れた中に鮮やかな色彩を見せる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/14 10:08
むなぐろとぶ
日本には春、秋に渡りの途中によると言う。 NETには6月から8月に北極圏で繁殖すると書いてある。 現在は南で越冬する途中で4月5月に北極に帰る途中にも寄りこの時胸が黒いらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/13 08:24
むなぐろ
夏羽は胸から腹に掛けて黒くなるのでムナグロというらしい。 去年河川敷の内陸部で良く見かけたが今年は水辺で初お目見え。 体長4cmとムクドリと同じくらいだが大きく見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/12 07:57
こさぎ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/11 08:10
ちょうげんぼう とびだし5
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/10 08:23
むくどり2
ムクドリの顔はハイドロキノンで美白したがまだらに成った様な感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/08 09:17
せっかとびもの4
向かい風に向かって飛んだのでやや速度が鈍った。 近くでキャッチ出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/06 08:08
偽たうこぎ と 水蕎麦蓼
「野菊の墓」にタウコギは末枯れ(うらがれ)、水蕎麦蓼などは一番多く繁っている。 と言うところがある。その舞台は小生の散歩道から4km下流の矢切大地である。 左千夫は其処から「遠く上野の森までもが其れらしく見える。」と書いている。 我散歩道の江戸川ではタウコギは無いが親戚のセンダングサとミゾソバは沢山ある。 コセンダングサ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/05 07:56
うみねこ の 食事
散歩は長靴を履いている。 朝露が多く靴もズボンもビショビショになるからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/10/04 09:02
うみねこ が 何かをしている。
江戸川には大きな干潟が現れていた。 この場所は散歩の時間帯は水面下の事が多い。 ムナグロは近づいても急には逃げないので干潟でムナグロを追っておいたらウミネコが飛んできた。 何かを突付いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/10/03 08:11
こさぎ着地
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/02 08:07
こちどり
コチドリは7月ごろまでの目の周りの金環は無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/01 07:54
すずめ にげる。
スズメは土手の草叢に居る事が多いが土手の頂の歩道にも良くいる。 人が近づくとぱーっと逃げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/30 08:34
むくどり1
ムクドリは夕方になると街路樹に集り鳴き声の害と糞害で嫌われている。 広い川原を行き来している分には可愛い者だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/29 07:21
稔に集うすずめ
去年のスズメ。 http://edogawa.at.webry.info/200611/article_55.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/28 08:02
ちょうげんぼう幼鳥飛ぶ手動動画
次のURLをクリックし画面に手の平をあて次々にクリックしてください。 チョウゲンボウが飛びます。 http://www.jihei-sushi.com/hirano-h19-9-slide.html#1 近所さんの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/27 07:22
せっか の飛びもの6
翼を体側に着けた状態で飛ぶ事が多い。後2コマ有るが省略します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/26 06:26
ちょうげんぼう 幼鳥 飛翔
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/23 07:16
幼ちょうげんぼう あるく。
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/22 07:06
ちょうげんぼう ひな とぶ2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/21 07:24
ちょうげんぼう 幼鳥 
明らかに子供である。 巣立つと親兄弟から離れ一羽で行動していた。この後遠くの木に留まった所にカラスが体当たりをし二羽とももんどりうって葦の中に落下 し暫らくしてカラスだけが飛んでいった。汚い危険な所だけど確認に行ったらチョウゲンボウ の姿も無かった。 巣立ってからも成鳥となるまでは危険が一杯である。 育った近くで目にしたのはこの一羽だけだったがこの幼鳥も三日目には何処かへ行ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/20 07:44
ちょうげんぼう 巣立ち直後
建物の中で飛行訓練だ。 体重が残り失速しそうな飛行だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/19 06:04
つゆくさ
日陰の余り綺麗とは言えない草叢に生えている。 其の場所故近づいて撮ろうとは思わない。 昔から見ている秋の花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/18 07:03
07’9・16江戸川河口へ歩行未遂
小生の江戸川の散歩出発点は河口から20kmである。 今日は暑いが風があるので河口を目指した。 2週間前に右ふくらはぎと右膝を少々痛め気になっていたが 其れよりも暑さに参った。 ゴルフ場は一週間前の台風で未だクローズド。芝上のヘドロを洗っているのだろうか?。 天災には敵わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/17 07:31
ががいも 
江戸川は虫の声が涼しげだ。が残暑も厳しい。 一面のエノコロ草の中にピンクの花が狭い面積だが占有していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/16 07:27
すずめ
親の元に飛んできた子雀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/09/15 07:27
だいさぎ とぶ
ダイサギの飛ぶ姿ですがシャッターと羽の上下の速度が同じになり滑空しているようだが 羽ばたいています。 下の塔が後ろに行くのを見て下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/14 07:36
かるがも着水
URLは'06.3の写真。この時は1/4000のSを切れた。 http://edogawa.at.webry.info/200603/article_17.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/13 08:11
水没したコスモス畑
水が出てから4日目水が引いたので川原に降りた。 道の一部はヘドロが覆いヌルヌル歩き難い。 葉に泥を塗った草は3日間水に浸かっても生きている。 アレチノギク 地面の近くは泥にまみれ道路はヘドロに覆われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/12 07:53
御岳その他の花
ボタンズル センニンソウに似る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/10 07:04
'07・9・8とりたち
大水になると水面から頭を出すのは梢か背丈のある草叢になる。 サギ類は普段から多く川原中に居るのだろうが遮蔽物がなくなり沢山姿を見せている。 アオサギ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/09 08:45
’07・9・8江戸川
9・7の台風直撃を心配した。 小生は昭和22年のカスリン台風の記憶がある。江戸川対岸の土手外広範囲に洪水が 溜まり引かないので米軍が金町側の堤防を切り江戸川に水を引き入れ葛飾区の水害を 救ったのである。 松戸にも随分避難してきた人たちが居た。 カスリン台風は戦後の台風では伊勢湾台風についで2番目に被害の大きかった台風だ。 我住居は江戸川の土手下よりも低いので台風のたびに気を揉むが何事も無く良かった。 古ヶ崎のグランド方面 川幅は200m近くになると思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/08 09:37
とりかぶと
これは漢方薬にはなくてはならない植物です。 秋の山ではあちらこちらで見ます。 ムラサキの美しい花ですがよく見ると変な形をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/07 08:50
やまじのほととぎす
先週のヤマホトトギスと今回のヤマジノホトトギスの違いは今回の花は 花弁が水平であり、前回のは花弁がそっくり返る所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/06 06:48
はぐま(白熊)
キク科の多年草とのことです。 花の形からはキクの一族とは思えません。 オクモミジハグマ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/05 07:23
れんげしょうま
ブログで御岳山にレンゲショウマがあり見ごろだと見た。 写真で見ても雰囲気のある花で是非実物を見たいと思っていた花だ。 日本古来のもので花が蓮の花と似ているから蓮花と前半の名が付き葉がショウマの 葉と似ているからレンゲショウマと言うらしい。 春の野に咲き誇るマメ科のレンゲの名とは関係ない。 白と薄紫の花で下を向いているのがいとおしい。 手を合わせ祈りたくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/04 06:47
箱根その他の花3
アカソ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/03 08:05
箱根その他の花2
モミジガサ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/01 08:49
箱根その他の花1
猛暑中の高原は涼しかった。 野草は花盛りだった。 アザミ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/31 08:03
ぎぼうし&つりがねにんじん
8月の山歩きでは頻繁に見かけるギボウシとツリガネニンジンですがこれらに会うと 大汗をかきながらでもホットする。 日光や箱根で良く見かけるので其れを見ると涼しくなくても涼しさを感じる。 ぎぼうし ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/30 08:34
たまあじさい
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/29 07:59
あきのななくさ
この山は道端にナデシコを除いた秋の七草がある。一部は代用。 オミナエシは盛りだった。クズも木に絡み生きよい良く咲いている。 秋には最もポピュラーな七つ集めて七草と言われたのだろう。 ナデシコは山では見た事もなく、フジバカマも、向島百花園でしか見た事も無い。 ハギ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/28 07:38
やまほととぎす
縁の下でコオロギが鳴きだしたので秋を感じる花を見に山歩きをした。 目当てはヤマホトトギスである。 数年前にこの時期に偶然歩いて沢山有った,そこへ出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/08/27 07:38
ちょうげんぼう とびだし4
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/08/25 09:03
ちょうげんぼう とびだし3
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/24 08:37
休憩中の ちょうげんぼう
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/23 07:19
こあじさし タッチアンドゴー
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/22 08:44
すずめ着草
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/21 07:25
だいさぎちゃくち
これもピンボケです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/20 07:10
かわらひわおどる
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/19 07:58
せっかのとびもの5
晴天とやや強い風の助けで写せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/18 07:33
こちどり4
ピューピューと鳴いて飛び回っているのから想像したより 翼は大きく優雅な飛び方をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/17 05:51
かわう どうが
猛暑にカワウも口を開いて飛ぶ。 今年は夜も暑くてやりきれない。 真夏日で熱さを感じていたらそれで追いつかなくて猛暑日という表示が現れた。 熱帯夜は付けすぎか?今年はこれ以上の表現を造らなければならぬ。 暑さが日常生活の副産物で改善すべき所があるなら協力しなくては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 06:40
’07 8 12日光戦場ヶ原2
湯川で釣りをしている人はたまに見かける。 木道で人と出会う事は少なかった。がベンチのある休憩所には何処でも満席に なる位の人はいる。 爽やかな空気を満喫してる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/15 07:09
'07 8 12日光戦場ヶ原1
連日35度を越える猛暑と湿気を逃れてハイキングをした。 戦場ヶ原は28度で湿気は少なく爽やかだった。 夏に此処に来るのは何年ぶりだろうか? 見覚えのある花と再会して久し振りの感激だ。 8月になり熊が出没してますので注意してくださいの張り紙がある。 どう注意すればわからないまま持っていた鈴を付けてチリンチリン鳴らしながら不安を抱きつつ歩き出した。 人は少ない。 行楽を許しているのだからと軽い気持ちを強く野草を楽しんだ。その上ウグイスがのんびりと 終始鳴いていた。高度が高く湿度が低い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/14 07:24
もず
モズは秋口に飛んできて冬一杯元気に飛び回っていると思っていましたらモズを見かけた。 一年中いるらしい。 冬に見かけると羽の色も濃く精悍な感じですが頼りない感じがする。 幼鳥かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/13 07:54
こあじさし の漁
コアジサシはスゴイスピードで飛んでいるがホバリングから急降下で魚を捕る。 尾羽を広げ停空飛翔をしチョイト反動で上昇し急降下をする。 しっかり獲物を見ているようで魚が隠れると水に飛び込まないで上昇する事もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/12 05:19
おにばす
前に蓮の花にオニバスの名を付けたところ違うと指摘を受けた。 水元公園で確認をした。オニバス池は向こうと矢印が有ったのを見逃したのだ。 オニバス池は閉園時間が過ぎていたので柵外からの撮影だ。 オニバスの花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/11 05:41
久し振りの きじ
草が茂ってからすっかり見られなくなったキジを久し振りに見た。 キジは綺麗な鳥なので近くでゆっくり写したいと思うが警戒心が強く近づけない。 相変わらずの遠くからの画像だ。 長い立派な尾が切れて無くなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/10 07:42
こさぎ
コサギが釣り人から小魚をねだる事は隣町のMさんのブログで見たことがある。 今日それを目の当たりにして人間と親しくなる事は野生の鳥にとって楽を出来る 安易さは有るだろうが「自立が必要だよ」とつぶやいた。 旧知のあいだか釣り人の脇にコサギが舞い降りた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/08/09 07:52
秋の気配 水元公園
写真は秋の花ですがこういう事実がある。 アトピー性皮膚炎にかかわっていた時に感じた事である。 春から夏は植物でも芽を出し成長する季節である。 人間の体でも冬に体の深部に篭っていた陽気(生命力)が暖かさとともに体の表面に出て 来る。その陽気が体表から体外に出られないのは体の表面に熱を発散する妨げが有るからで その妨げを取ってやれば熱の発散が良くなり成長が順調に進み皮膚症状は良くなる。主に体表の冷えが妨げになる。人間は春から夏に背が伸びる。 所が8/8立秋を迎えると其れまで効いていた漢方... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/08 07:08
07'8.5えどがわ
江戸川の夏はこんなだ。 小生が子供の頃は釣りと岸辺で隠れて泳ぐ事くらいだった。 現在は親と一緒に水遊びで楽しそうだ。 大勢乗れるモーターボートの傍で水泳をする子供。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/08/07 06:49
ちょうげんぼうの空中戦
オスのチョウゲンボウは傍を飛ぶ鳥に戦いを挑む。 甲高い興奮したキュルンキュルンと雄叫びを上げカラスを追う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/04 08:02
ちょうげんぼう のんびり
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/08/03 08:38
ちょうげんぼう 交尾♀が拒否
猛禽類は勢力絶倫みたい。 下が♀で尾を下げ拒否の体勢だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/08/02 07:53
ちょうげんぼう 交尾
チョウゲンボウの特徴に長い尾があります。 メスは尾をたたんで斜め上に挙げオスを迎えます。拒否する時は尾は下げたままで交尾出来ない姿勢になります。 写真3枚目から9枚目までメスの尾が右上に上がっているのが見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/01 07:49
獲物(小鳥)を運ぶちょうげんぼう
カルカモの雛らしきものを咥え運ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/31 07:59
いたち を捕獲した ちょうげんぼう
川原を赤毛の動物が走り回るのを見た。 次の瞬間チョウゲンボウが急降下して捕まえた。 イタチの最後っ屁と云う事を聞いているがチョウゲンボウはどう対処しているのだろう。 風を切って飛べば影響はないのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/07/30 07:12
こあじさし
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 08:24
ちょうげんぼう とびだし
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/27 08:04
ちょうげんぼう♀ とぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/26 08:35
ちょうげんぼう 風に吹かれる。
鳥は風上に向かって離陸するが風が強く風下に向きを換え飛んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/25 08:53
にっこうきすげ?
水元公園にて。 霧降高原や霧が峰でのニッコウキスゲに感激した話は良く聞くがキスゲの盛りに 彼の地に行った事はない。 何時れ自由の身になったときに行ってみたいと思う。 水元公園の入り口の芝の中に有ったのが写真の花だがニッコウキスゲだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/25 07:56
のかんぞう
毎年同じ所で咲いている。 此花も初めて見たのは箱根だった。真夏のギラギラする太陽の下輝いていた。 近づいてゆっくり見るとチョット毒々しくも見える色合いだ。 此花が江戸川でも同じ季節に同じ場所に咲いていた。 江戸川のキレイとは思わない川原には思わぬ花が有り嬉しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/24 07:32
ちょうげんぼう帰宅
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/23 08:39
夕日の中のちょうげんぼう
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/22 06:04
ちょうげんぼう 着地
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/21 07:36
ちょうげんぼう 幼鳥とぶ
巣立ったばかりの幼鳥の飛翔です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/20 07:41
ちょうげんぼう ♀と♂
チョウゲンボウ♀頭と尾が茶色い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/19 07:48
こすもす
6月16日あっと驚く晴天の時種まきをしていたコスモスが2〜3輪 咲き出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/18 08:08
あめふりあさがお
川原の水辺にはアメフリアサガオが盛りである。 一部分だが密集している姿は薄ピンクが平穏を与える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/14 08:36
やぶじらみ
小さな花で結んだ実が着物に付く事からシラミの名が付く。 白は清潔の色で勢いのある時は美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/13 08:03
わるなすび
この花を見たときナスと感じた。 昭和20年初め庭でナスを作っていた記憶が蘇った。 長い空間を越え感じたものがあったのだ。 土手の夏には彼方此方で蔓延る花である。 これも北アメリカからの気化植物だ。 ムラサキと白の花が対であった。今まで無かった現象だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/12 07:49
ささごい ひな
ササゴイはどうゆう所で繁殖するかわ知らなかった。 偶然木に留まるササゴイの雛を見た。 木に巣を作り卵を産むらしい。 来年は気をつけて見よう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/09 07:59
おおよしきり とぶ
オオヨシキリは葦原で結構近距離を飛び回っている。 葦が邪魔して中々撮れないのが残念だ。 どうしても葦にピントが行ってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/08 11:33
あつくなったな〜
猛暑中のカラスhttp://edogawa.at.webry.info/200608/article_7.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/07/07 08:34
こちどり3
着陸 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/06 08:06
せっかとびとまり
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/07/05 08:19
つばめ幼鳥
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/04 07:42
おおよしきり
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/03 08:22
だいさぎ 小編隊
サギの編隊が手賀沼に飛ぶ。 何処から飛び立つのか江戸川の上空を手賀沼方面に飛ぶ。 カワウ、アオサギ、ダイサギ大喰らいの鳥は江戸川を越え編隊で行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/07/02 07:56
かわらひわ とぶ
小生に気がつき向きを変えるが足は茎に付いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/01 07:31
はぐろとんぼ
我が家の薮蚊防止のために殺虫剤を撒いたところにハグロトンボが来たので 追ったら隣の椿に止まった。やれやれ、、と言うところ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/30 08:06
ねじばな あか
...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/29 08:45
ねじばな ぴんく
珍しくなったオオバコと ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/27 13:42
かっこう4
今年はカッコウと良く出会う。 綺麗に全体像を撮りたいが木の葉に邪魔され上手くいかない。 江戸川でカッコウも声を聞けるとは思わなかった。 中学時代の担任のW先生の本にヨシキリの声が聞こえなくなったとの記述があり反論した ことがある。小生が散歩しだしてからは夏はヨシキリの声で五月蝿いくらいだ。 葦原の存在と多数のヨシキリの飛来とがカッコウの託卵に必要でそれらが揃えばカッコウの 鳴き声も聞けると言うことだ。 W先生の記述から推測すると一時葦原が少なくなった事が有ったのだろう。 葦原が減... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/24 08:48
かっこう3
古ヶ崎のグランドで鳴きながら飛び下流に向かうカッコーを見た。 鳥の少なくなった現在はカッコーが一番興味のある鳥である。 カッコーは流山から飛んでくるらしく毎日松戸の江戸川にいるわけで無いので何処で会っても 追いかけなければならない。 小生も下流に急いだ。江戸川の川原にはヤナギの大木が数本有り途中鳴きながらその梢に 留まる。 声を追って小走りに走った。 赤入水門に近づくにつれ鳴き声が大きくなってきたが未だ先だ。 更に500mくらい先の葛飾橋に一番近いヤナギで鳴いている処に追いついた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/23 07:53
はまはなせんぶり
アカバナユウゲショウの後のピンクの花はハマハナセンブリだ。 北アメリカからの帰化植物と言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/22 08:00
ねじばな
小生より10km上流を歩くknaito57さんのブログにネジバナを今年初見したとあった。 今年は川原の道を歩いていたので土手の草花に注意を払ってなかった。 しかしニワセキショウやトキワハゼの頃にはポイントを押さえていた。ああその季節になったと 教えられ土手を斜めに歩いたら咲き始めのネジバナを見つけた。 周りの草にうずもれるように背丈の小さなネジバナを見つけ安心し季節の到来を確認した。 蕾の輝いた花の少ないネジバナだが美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/06/21 08:14
せっかのとびだし2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/20 07:56
しろやしおつつじ
16日から続く晴天を活かさなくてはと急遽日光に出かけた。 シロヤシオツツジとズミを目的とした。 北千住からの電車も込んでいたし東武日光からの湯元行きのバスも経験したことの無い 込み方だった。梅雨の晴れ間を狙って皆さん繰り出したか? 竜頭滝上から上る高山を選んだ。 竜頭滝上が1100m位とすると567m登る。 此処は3回目だが1回目は凄く苦労した思いがある。2回目は楽勝だった。 今日は結構大変と思ったが急なのぼり道を1時間半以内で登ったので歩が早すぎたのかも知れない。 歩き始めから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/18 07:24
かわせみ
今朝、当地では珍しいカワセミに合った。 遠くから餌を取りに来たのだろう。 近くでキャッチボールをしている人がいて暴投を取り来たら逃げられた。 それがなければゆっくり撮れたのに、残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/16 08:47
かっこう2
5時台だと暗くて上手く写らない。 カッコーと息を吐き出したところ。口を開いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/15 05:54
かっこうとぶ
朝5時半過ぎだったので暗く折角のチャンスが上手く写らなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/14 08:31
のすり
3月中に何回か見たノスリが大空を羽ばたいていた。 先日は鳴きながら上空を飛んでいった解らない鳥がいたが江戸川上空は 何種類の鳥が行きかっているのだろう?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/13 07:49
かるがもひしょう
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/13 07:40
すみにくくなった
オナガです。 カラスの仲間だがライトブルーの羽にクロのベレーはおしゃれ。 だが悪声はやはり種のせい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/10 05:02
かわらひわ
拡大すると画面が荒れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/06/09 08:17
のらにんじん
夏になると赤入水門までの川原はノラニンジンが道端を占拠する。 食用人参の野生種のことですが根は細く食用に適しないと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/08 07:49
ささごい とぶ
川原でササゴイの活動が活発になってきた。 首を延ばして飛ぶこともあるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/07 07:47
ひめじょおん
ハルジオンから一月後れでヒメジョオンが盛りになった。 比較するとヒメジョオンの方が花が少なく清楚な感じがする。 ハルジオンは辺りを征服してしまおうとする勢いが有る。 ヒメジョオンは葉が茎を巻かない、蕾が頭を垂れない、茎が中空でない等のハルジオンとの 鑑別がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/06 09:27
せっか の飛びもの2
セッカはヒッヒッヒッチュツンチュツンチュツンと鳴きながら波を打つように 上下して激しく飛ぶ。 辛うじて一分を写せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/06 09:26
かっこう1
散歩を終わろうと何時もの土手を降かけたらカッコーの声が聞こえた。 カッコーは去年初めて見、姿を確認したのはその一回だけだった。 声が聞こえるのに見過ごすわけにはいかない。時間を気にしつつ声のするほうに行った。 ヤナギの天辺にいるはずなので何本もあるヤナギの梢を目で追いながら小走りに声の方に向かった。 1km位追いかけたところで見つけたがカッコーまでは距離がある。これ以上は近づけない。 チョット遠いがやっと喉を膨らませ鳴いている姿が写った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/06/05 08:33
すずめちゃくそう
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/04 08:14
すずめとびだし2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/03 07:24
かきねがらし
アブラナ科で花ビラは4枚反り返っているのが特徴だ。 花の下の茎が長くカキネのように見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/03 07:23
こちどり2
空中を円を描いて飛ぶのを追ってみた。 早く飛ぶ鳥がファインダーに入り遅いAFが合い綺麗に写った。 150万画素でも捨てたものじゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/02 09:16
かっこーしるえっと
カッコーは中々お目にかかれない。 去年は木に留まっている所を写せた。 今年もと思っていたら「江戸川土手を歩く」さんが声を聞いたと書いていた。 今日そろそろ散歩を切り上げようとした所に上流から鳴きながら飛んできた。 去年留まったヤナギに留まるのだろうと見ていたらUターンして帰って行ってしまった。 行きが逆光だったのでそれ故帰りも逆光でシルエットになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/02 08:21
つるまんねんぐさ
最初は7年位前に葛飾橋を渡っている時に見ました。 去年から川原でも頻繁ではないが見かけるようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/01 08:49
かるがも と しぶき
留鳥のカルガモだけが残っている。 元気に飛び回ってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/01 08:48
いそしぎ
初夏になるとコチドリと共に海を感じさせるイソシギが来る。 眼が小さく優しく感じる鳥だ。 コチドリは川原の内陸部花畑まで来るがイソシギは水辺から離れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/31 06:46
はなむぐら
花の直径は1mm位の小さな白い花です。 葦の根本に糸がこんがらがった様な状態で生えています。 川原の葦原が少なくなるにつれ減少し絶滅危惧種のひとつとのことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/31 06:45
ちょうげんぼう すたーと
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/30 07:49
こあじさし
海辺に生きる渡り鳥と思いますが朝上流から河口に向かう。 残念ながら逆光で鳥が影になった。 頭にはベレーを頂く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/29 08:21
あめりかふうろの紅葉
5月の始めに咲き出したアメリカフウロは早くも紅葉し種を結んだ。 初夏の勢いのある緑の中での紅葉は補色関係で美しい。 緑は春の色で赤は夏の色だから赤が自然なのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/29 08:20
ひめあかたては
アカタテハが現れた。ヨモギが食草と言う。 ツマグロヒョウモンと良く似ている。 クサフジの中のアカタテハ蝶。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/28 06:25
かわう 大鯉を呑む
カラスが漁をしたところから100m下流で黒い鳥がもがいていた。 どうやらカワウが大きな魚を咥え上を向いたり水面に打ち付けたりしている。 写真で見ると大きな鯉を咥え咽を目一杯に開きカワウの獰猛さが見えた。 カワウが水面から首だけを出している。口を一杯に開き胴回り1m近い鯉を呑みこんでいる。 黄色の部分はカワウの喉、黄色に縁取りされた嘴が丸く開き手前が鯉の尾で頭が呑みこまれている。 大きな鯉が筋肉を震わせ左右に暴れているのにカワウは首だけで支えむち打ち症にもならず 鯉を飲み込むのである。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/26 21:03
ささごい
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/26 08:35
おおきんけいぎく
ススキの中にオオキンケイギクが咲きだした。 鮮やかな花だけど特定外来植物に指定されている。 日光や箱根でオオハンゴン草が在来種を駆逐しているのを見るが江戸川に1,2本ある オオキンケイギクも繁茂してくるのだろうか? 「江戸川土手を歩く」さんと同様日本古来の生態系が追いやられるのを心配する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/26 08:24
こまつよいぐさ
砂地の残る川原にコマツヨイグサが咲き出した。 薄黄色の可愛い花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/25 08:04
きじ 
葦が緑に背丈以上に育ち中が見えなくなった裸土のところに入ってみた。 側溝があり其処には草が生え中が見えない所から急にキジのオスが駆け出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/25 08:00
だいさぎすたーと
ピントボケで済みません。 優雅な格好だけを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/24 08:12
あかばなゆうげしょう しろ
アカバナユウゲショウだけど白い花もある。 白い花ばかり咲いている一塊が有った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/24 08:12
げきつい
チョウゲンボウとカラスが争っていた。 チョウゲンボウをカメラで追っていたのでどうなったかは解らなかった。 PCで写真になっての想像だが 地上は片羽をあげたカラスと思われる物体が有る。 チョウゲンボウは右の看板の所に居る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/23 08:05
からす
この嘴だとハシブトかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/05/22 13:16
からす の漁
水辺を歩いていたカラスが羽をバタバタさせ水に首を突っ込んだ。 体が反射で白く光っている。 3枚目は魚を咥えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/22 08:13
だいさぎの食事
本町自治会さまが連続写真にしてくれました。 URLをクリックし画像が現れたら画像をクリックしてください。 http://www.honcho-matsudo.com/h19-3-hirano-slide-ohsagi.html#1 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/21 08:42
のいばら2
先日紹介したノイバラが盛りを迎えた。 良い香りがする。 白い花弁と黄のオシベに引かれる。 開花の前の蕾はピンク色をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/21 08:42
せっか 飛び出し
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/20 09:29
へらおおばこ
ヘラオオバコは江戸時代に帰化した植物と言うことだが子供の頃に見た記憶は無い。 オオバコは葉を取ると太い筋が縦にあり引っ張ると葉が伸び縮みするのを楽しんだり、花の下の茎同士を絡ませ引っ張り合い茎の切りっこした。 オオバコは車前子といい咳止めに使う。 5年前に土手を歩き出してからヘラオオバコに気が付いた。 ろくロック首みたいで気持ち悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/20 09:28
せっか の飛び出し。
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/19 08:11
きばなしょうぶ
山梨県の石割山に行った時山頂にアヤメが沢山咲いていた。 ショウブ、アヤメは水辺の植物と思ってったのが覆された想い出がある。 松戸川の終点小山では水辺の斜面にキバナショウブが20株位群生している。 今日見たのは川原のカラカラ道端ススキ叢の中に咲いているキバナショウブだった。 一輪の花と三本の槍のような蕾があった。 咲き始めが勢いがあって美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/19 08:10
おおよしきり 飛ぶ
陽射しが強くなったのでシャッター速度を早くしてみた。 少しは暗くなったがキレイに写った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/18 08:19
あめりか ふうろ
フウロと言うとハクサンフウロを思い浮かべる。 戦場ヶ原でアメリカフウロの3倍くらいの同型のハクサンフウロを見て流石高山植物と感激したものだった。 川原の道端ススキ叢入り口、日当たりの良い地面に淡いピンクの小さい花を咲かせている。 色といい、大きさといい頼りなさげだが美しい花だ。 同属のハクサンフウロ、ゲンノショウコの花が知られているのに名も知られない雑草なのは可哀想だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/18 08:17
おおよしきり にげる
上を向いて行行子、行行子と泣いていたオオヨシキリが小生に気がつき 下を向き飛んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/05/17 07:44
おにげし
ああ皐月 仏蘭西の野は 火の色す 君の雛罌粟 我も雛罌粟 一面のレッドポピーに与謝野晶子が詠んだ如く血を沸き立たせる色である。 川原の雑草の中に一輪、場違いな花があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/05/17 07:40
つばめ
ツバメが泥んこの水溜りに居る。 土を咥えているようだ。巣を造るのだろうか? 家人に病人が居るとツバメはその家の毎年来る巣には来ないという。 新居を作り新生活のスタートか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/05/16 05:56
くさふじ
最近棚から下がった藤、木に絡んだ藤をニュースやネットで目にするが川原にもクサフジが 咲き出した。 土手から見てある場所一面紫色になりどうしたのだと降りてみたらクサフジの群落だったと言うこともあった。 ノイバラと共に川原の雑草と感じるには違和感のある花だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/16 05:55
こちどり
コチドリが刈り込んだ菜の花畑の中空を飛び回っている。 他のサイトで見ると恋の季節みたいだからいつか地上に降り神聖な行為をしてるかもしれない。 見てみたいものだ。そして雛も。 今日は佐々木小次郎のつもりで高速で飛んでいるのを写してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/15 09:00
にわせきしょう しろ
夕方になると ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/15 08:59
せっか の飛びもの
セッカは小さな鳥で飛ぶのは早く頻繁に上下する。 写ったのは幸運だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/14 09:25
にわせきしょう あか
セキショウの赤い花、白い花が咲き出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/05/14 09:22
はるじおん
ほぼ同じ時期に咲く似た花でヒメジョオン姫女苑がある。 こちらは春紫苑(はるじおん)と書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/13 09:51
ささごい2
ササゴイが13羽の編隊で上流に飛んでいくと思ったら下流に向かって飛んできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/12 13:36
きじ ほろうち6(ぱたーん2)
今までと反対向きです。パターン2です。 他の鳥を追っていてノオマークの故唖然と見逃した事例を紹介しよう。 背後からけたたましい羽の音がし目の前を茶色のカルガモかと思わせる大きさの鳥が右方向に飛んだ。左目の隅にもう一羽飛ぶのが見えた。 こちらは顔が赤い。キジ♂と解った。 右に500mくらい飛んだのはキジの♀だった。 他に注意が行ってなければキジの飛ぶ姿を写せたかもしれない。 このホロウチをしているキジも5・10にはペアーに成っていた。 夫々に相手を見付け営巣に入るのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/11 19:29
きじ ほろうち5(ぱたーん2)
シャタースピードを早くしました。 画面が暗くなりましたが羽はハッキリしました。 この鳥のパターン2です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/11 17:50
初夏に 北西の嵐 心縮む。 5月11日強風下を歩く
ただ風ばかり吹く日の雑念   放哉  風の中 おのれを責めつつ歩く 山頭火 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/11 09:56
けんけーん ほろうち4(ぱたーん1) 
旧式カメラですが秒、15枚の連写です。 ホロウチに2パターンありホロウチ5と比べてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/10 18:54
ひばり すたーと
4月は空にも地上にもヒバリが一杯だった。 足元からも飛び出し驚かされた。 5月になって囀る声は少なくなった。 繁殖期は余り大騒ぎはしないのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/09 16:32
あかばなゆうげしょう
ピンクの古を感じさせる花が咲き出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/09 16:30
おおじしばり
春は菜の花、タンポポをはじめ黄色い花が目立つ。 その一つにオオジシバリがある。 「地を縛る」の意だそうだ。茎がが長く地を這い節ごとに根を下ろす形が地面を縛るようだからの意。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/08 18:45
ささごい
暖かくなると水辺でじっと魚を狙うササゴイが飛んでいる。 去年は古ヶ崎のグランドの所に生簀がありその縁にとまってジット獲物を狙っていたが生簀は 壊れそのままに成っている。 今年は良い場所が見つかるだろうか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 18:45
きじ ほろうち2
ケンケーンの鳴き声は変わらないが「ほろうち」の動作はヴァリエーションがあるようだ。 この場合初めのケンでも少々羽を羽ばたかせケーンで大きく振るわせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/07 18:13
おおよしきり2
オオヨシキリが多くなり川原は賑やかになった。 額の狭い顔ですまして留まっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/06 12:54
ときわはぜ
去年土手を見ながら歩いていて見付け「何の花掲示板」で名を教わった。 春先から秋の終わりまで咲いているから「何時までも」の意味で「常盤」と言うそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/05 13:08
こさぎ
小振りで足先が黄色いのが特徴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/05 13:07
おしえてください(ちゅうしゃくしぎ)
大きさは35cmはありました。 シギ類でしょうが宜しくお願いします。 matsumaruさんよりチュウシャクシギではとコメントがありネットで調べると特徴が一致するのでそう確認しました。matsumaruさん有り難うございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/04 14:28
けんけーん ほろうち3
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/05/03 16:56
すずめ すたーと
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/03 16:55
つぐみ だっしゅ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/02 16:56
つぐみ とぶ2
今冬はツグミが多く来た。 がもうじき北国に帰る。地面をピョンピョン跳ね餌をとり この頃は木に留まる事が多い。 4/30までは数多くいたツグミも殆んど見なくなた。 ピョンピョン跳ねゲゲゲゲと鳴きながら逃げるのも冬までお休みだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/02 16:51
のじしゃ
小生には去年から目に付くようになった野草だ。 江戸時代に長崎で異人さんがサラダの材料として栽培していたものが全国に広まったと言う。 白い花が半透明に見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/01 18:02
ひどりがも とぶ
4・20には渡り鳥のカモ、オオバンは一切いなくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 18:00
かたくり
鳴虫山の急な山道にはカタクリもある。 カタクリの里とかカタクリを売りにしている所はカタクリが広範囲に密集していてアレと思う。 此処は1,2本から5,6本が道端にあり存在を示しているのが良い。 派手な花ではなくスプリング・エフェメラル(春の短命植物または春の妖精)と総称され他の植物に先駆けて咲きまわりが緑になる頃には地上から姿を消し地下生活に入る植物群のひとつでそのことも奥ゆかしさを感じさせる。 エンゴサクもその一つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/30 20:45
あかやしおつつじ
アカヤシオツツジとはこのような花だ。 3m位の木に沢山の花を付け,咲いている間は葉は出ない特徴がある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/29 21:51
のいばら
掃き溜めに鶴の例えが有るがススキのブッシュの奥にノイバラが咲き始めた。 ススキのブッシュは不潔感がありその中に純白の花弁と純黄のオシベがある。 清潔感に目を奪われ気持ちを洗われる。 ススキに留まる鳥に運ばれるからススキの奥に隠れて咲いているのが愛嬌である。 日光で初めて見たときの感激と同じ感激を味わえる。 青い鳥が身近にいてくれるのを感じる江戸川である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 10:36
きじ と かるがも2
光学ズーム10倍+1.7倍のテレコンを付けやっとこの位です。 この距離でも隠れる方が圧倒的に多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 08:27
むらさきつめくさ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/27 07:09
あおさぎ2
アオサギの飛翔は羽が大きくゆったりしていて優雅だ。 天からシワガレ声で怒られている様な声がする。見上げるとサギ類がとんでいる。 エヘンエヘンと咳払いだが細いささくれ立った管を空気が擦れて通るようなエ、へ、ン夫々にイガイガをつけたような声だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/26 08:53
きじ ほろうち1
キジも鳴かずば撃たれまい。と言いますがケンケーンと鳴くのは♂の♀を呼ぶ声という。 全身で羽を震わせ鳴いている。 羽ばたきを「ほろうち」という。2回目のケーンの時に「ほろうち」を伴う。 ペアーに成るのは命がけみたいだ。 注)拡大すると画面が荒れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/25 07:17
きじ と かるがも
川と通路の間が50mくらいあり間に水溜りがある。 川の近くにキジがいて水溜りにカルガモが泳いでいる。 カルガモは小生に気付きノソノソ川の方に避難した。 キジは当然気付いているのでしょうが安全圏として安心しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/24 08:30
こい
松戸川ではヒドリガモ、オオバンと共に鯉の背びれが水を切るのが見える。 大きな魚がいそうだと解る。2匹で輪を描いているようにも見える。 鯉が岸近くで2匹でバシャバシャやるのは産卵と思える。 春は動物界は繁殖の時期なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/23 09:24
おおよしきり
4・21初めてオオヨシキリの声を聞いた。 これから9月一杯川原の葦原は行行子、行行子とヨシキリの声が賑やかに成る。 4/23狙ったが未だ2,3羽で警戒心も強く直ぐ葦の根本に逃げてしまう。 今日は曇天で良く撮れなかったが初物だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 09:00
えどがわの きじ
ケンケーンというオスのキジがメスを呼ぶ声が暖かくなってから川原に響く。 声はするが中々キジの姿は見えぬ。 遠くで見かけても直ぐに隠れる。野性の本能ではいたし方ない。 100m離れた所で此方が写していたら先方も気付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/21 22:42
こちどり
コチドリを何回か見かけたが慌しく飛び去る所だった。 今日は地面に降りるのを確認近づけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/21 09:22
こがも
日本に渡来するカモの中で最小の故コガモという。 ♂は頭の緑の模様と小紋の様な体の細かい斑点が特徴だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/20 18:49
ひどりがも6
ヒドリガモが3月中旬を過ぎ江戸川に戻ってきた。 下旬になったら勢い良く空を飛んでいる。 旅立ちが近いのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/19 18:04
ひどりがも2
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/19 18:04
ひどりがも5
川の上空をぐるぐる回っているヒドリガモ。 風上に向かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/18 18:30
じょうびたき3
ジョウビタキと遇うのも今年は最後だろう。 相変わらずかわいい目と胴背中のオレンジがきれいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/18 18:08
ほおあか
過日、日曜の夕方菜の花畑に行ったら500mの望遠を付け鳥を撮影している若人が いた。 何を写しているのですかと聞いたところ「オオジュリン、ホオアカ」とのことでした。 ホオアカの名は図鑑で知っていたが主に高原と書いてあるので見られないものと 考えていた。 若人に会ってから2週間経った4・15朝ホオジロか写すのよそうかと思いながら写した 一枚にそれらしい鳥が写っている。 ホオアカ 頬が赤い、頭が鼠色の特徴があるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/17 22:10
だいさぎ
江戸川にサギ類が増えてきた。 今朝は松戸川の真ん中にいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/17 16:18
べにましこ めす
ベニマシコの♀三羽枝の密集した木に留まっていて 出てこないかなと待ったら枝先に出てきてくれた。 一辺に良く食べられるなと思えるほど木の芽を食べていた。 赤い色をした♂を見たかった。 冬鳥とのことで今年は見納めだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/16 18:10
ひばり なく
ヒバリは空ばかりでなく地面でも良くなく。 羽毛を膨らましピーチクパーチク懸命になく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/15 18:11
せっか が帰ってきた。
4・9ヒッヒッヒッヒッ、チュツンチュツンの声を聞いた。セッカが帰って来たのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/15 18:10
ひよどり
ギィーギィーと刺激的に鳴くし、外観もこのようだ。 名前からの想像とは違う気がする。小生の感覚がおかしいのかもしれない。 友の言に拠ると庭の木の実、種等皆喰ってしまうので困るとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/14 16:19
ひどりがも 危険を察知
4月になってやっとヒドリガモが江戸川に来た。 一昨年歩き専門の散歩をしていた時は5時半の真っ暗な江戸川からミューミューとヒドリガモの鳴く声が聞こえた。 現在は北に帰る準備か頻繁に飛び回っている。 1羽が飛び出すと次々に飛び出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/13 18:05
れんげ
雨上がりの4・12朝、川原の花畑では雨に洗われたレンゲが輝いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/12 09:20
うみねこ そうどう
ウミネコが朝日に輝き空高く螺旋を描いて上昇する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 18:14
すみれ
子供の頃からスミレと言えばパンジーの事と思っていたが山歩きをするようになって 此花がスミレだとわかってなんと奥ゆかしいと思った。 種類があり何スミレだか解らないがタチツボスミレと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/10 18:18
さくらさんぽ2 箱根湯坂道4/8
日暮里から小石川植物園、上野、浅草、向島の花見と共に毎年やっている花見がある。 箱根湯坂道の山桜の花見である。 最初6年は湯本から登っていたが段々きつく感じたので今年を含め最近の6年は小涌谷 から浅間山を登り湯本に下る事にしている。 来週再来週と法事があるので早いと思いつつ出かけた。 常磐線、山手と東海道線沿いのソメイヨシノは立派に残っている。 これでは山では咲いていないかなと思いながら登山電車に乗った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/09 18:08
らっこのまねをするきんくろはじろ
お腹を上にして仰向けに浮くキンクロハジロ。 ラッコなら胸に石と貝を乗せ貝を割るのだが何をしているのだろう。 冷えたお腹を温めるわけはなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/04/08 19:54
なのはなの中のおおじゅりん
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/07 18:20
からすのえんどう
幼児の頃から土手では一番色彩のあるこの花を何と言う名だろうと気にしながら 名が解ったのはつい最近、川の植物の名を本気で知ろうと思うようになってからだ。 これが夏になるとサヤエンドウと同型の小さなマメの鞘をつける。やっぱりマメ科だと 感心する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/04/07 18:19
あおさぎ
目の覚めない状態で歩いていたら急にオアサギが3羽も飛びだした。 即眼を醒ましカメラを構えた。 アオサギは大きなとりで羽ばたきも優雅であり緑を縫って飛ぶ姿は海辺を飛ぶ鶴を 連想するようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/06 18:19
ざ すずめ 
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/05 19:26
しじゅうから
箱根や高尾で良く合うシジュウカラも江戸川に居る。 嗚呼あの鳴き声だと気が付く。 ここ1週間朝5時ごろシジュウカラのチュピーチュピーチュピーと鳴く声に起される。 隣の梅で鳴く。ビルの谷間の風流だ。 小鳥は木の天辺で誇らしげに鳴く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/04 19:39
古ヶ崎の はなばたけ
早くから咲いていた菜の花は今を盛りと咲き誇っている。 ヒバリ、オオジュリン、ツグミが黄色の中に飛び込んでいく。 4・4菜の花の周りにレンゲが咲き始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/04 14:21
街中のちょうげんぼう
早朝散歩に出ようとすると聞きなれたキュルルン、キュルルンと言うチョウゲンボウの鳴き声がする。 空を見上げると2丁目の20階建てのマンションの上をチョウゲンボウが飛んでいる。 以前NTTの鉄塔で遊んでいたチョウゲンボウを見たが飲食店の多い従ってネズミの多い街中に進出してきたか? 朝日に染まるチョウゲンボウ。2丁目マンション駐車場で真上を見て写した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/03 18:06
あおじ
何時も素早く逃げるアオジが目の前で餌を啄ばんでくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/02 18:26
あおじ とぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/02 18:26
ひどりがも4
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/31 19:02
さくら
暖冬だったので桜は早く咲くと言っていたが普段と変わらない時期に満開になった。 小生が休みが取れる日曜は天気が悪いという。3・31土曜の早朝に古ヶ崎の土手上の桜は9分咲きだ。 満開直前の方が勢いがあるので今日は一番の見ごろだが光が弱いので美しく撮れない。 EVを明るくしたら空の色は抜けたが桜は良い具合に写った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/31 11:22
ふじさん と ちょうげんぼう
3・18強風の江戸川だった。 空気が澄み富士山がきれいだった。 こんな風に写ったらよいなぁ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/30 18:35
うぐいす3
今日はウグイスをそれと解る姿で写せた。 ススキを掻き分けやっと近付きウグイスに迷惑をかけたがやっと撮れた。 気が晴れた。次は明らかに鳴いているところを狙おう。 ウグイスの声はのんびりしていて包容力がある。写真を撮っていても逃げないでくれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/29 18:44
みそら ひばりがでゅえっと
広い大空なのに至近距離でヒバリが詩を競っていた。 ハモっていたのだろう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/29 09:14
からす しんきょにかえる
枝を運んでいると思ったら巣は出来上がったようだ。 カラスは朝は早い。 6時半には夫婦共に巣にはいない。 夕5時にはおそろいで帰ってくる。 これから産卵をすると♀は卵を抱くので巣にいる時間が長くなるだろう。 育児中は最も気が荒いというから此処を通る時はヘルメットを被ろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/28 18:31
だいさぎ2
ダイサギが漁を始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/27 18:42
めじろ
めじろがヤナギの木で朝のほんの一時戯れている。 小さい鳥で子供がチョコマカ無心に遊んでいるような感じがする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/26 18:55
すずめさんぽ
朝スズメは土手に居て3m位づつ小移動している。 それが50羽はいると思われる群れが一斉に飛び出す。 羽は透き通りきれいな物だが上手く写らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/03/25 17:53
すずめ ちゃくち
飛び上がると遠くへは行かず3〜4mの所に降り 又地面の虫や落ちた実を食べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/25 17:52
うみねこ2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/24 19:16
3/18ふじさん
本町商店会から土手を登った風景です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/24 19:16
ちょうげんぼう もどる
カラスを追い払い戻るチョウゲンボウ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/03/23 18:38
ちょうげんぼう の ぎゃくしゅう
留まっていたチョウゲンボウが急に飛び出したと思ったらカラスを追い始めた。 体調で20cmは大きく、気性も荒いカラスを追いかけた。 先日のノスリvsカラスみたいに横面を見られる位置で空中戦をしてくれれば良いが何時も 撮る方の都合の良い位置で演じてくれるのはまれである。 段々遠くなる。 いい加減行ってところでカラスが木に留まったらそれ以上は追わずにチョウゲンボウは帰って来た。 上がチョウゲンボウだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/03/23 18:37
ほおじろ3
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/22 18:35
ほおじろ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/22 18:15
ほおじろ とぶ
ホオジロが多い。 飛ぶ瞬間を捕えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/22 18:14
ひばりちゃくち
垂直に落下してきたヒバリの着地です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/03/22 09:37
うぐいす2
寒い3月だが陽射しは春らしくのんびりする。 毎日川原でウグイスは柔らかい声でホーホケキョと鳴く。 その声にゆったりし草叢をゆっくりと探すが鳥の姿は見えない。 水門の水路の対岸のヤナギに小さな鳥が見えた。 姿を捉えたがススキに邪魔されキレイには撮れなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/21 18:40
ひどりがも3
http://edogawa.at.webry.info/200601/article_18.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/20 20:03
うみねこ
大あくびをしたと思ったら ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/19 22:23
たの とり 
あおじ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/18 20:47
ひばりのこうか
大空で気持ちよく囀っていたヒバリは鳴きくたびれると 羽を固定し尾を立てナックルボールの様に回転しないで揺れて落下してくる。 さえずりを止め羽を固定する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/17 20:01
うぐいす
江戸川でウグイスがあちこちで鳴く。 それもゴミの引っかかった枯れススキの密集した中から聞こえる。 春、山に行くと篠竹の中にウグイスが沢山いるが草叢が好きなのだ。 中央に薄く存在するのがウグイスだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/16 21:48
ちょうげんぼう ひしょう
チョウゲンボウが川向こうから此方岸に飛んできた。 顔がはっきり分かる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/15 20:58
のすり 2
あれから3週間経った3/11元の場所にノスリがいた。 カラスにやられていたのは冗談だったのか? 随分攻撃されていたからもう見る事はないと思っていた。 本気のバトルではなかったのか? ノスリは定時に彼方此方テリトリーを回っているのかもしれない。 日曜日は昼過ぎに川に行くからノスリと会えたのかもしれない。 兎に角又出会えた事は幸いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/14 21:43
りょうし
江戸川では稚鮎の漁が漁獲が一番と聞く。 水揚げが多く琵琶湖にまで送られていると言う。 その漁は季節が何時かは分からないが網を下ろそうとしている江戸川の専業漁師 と思われる人々の行為に鮎漁が思い浮かんだ。 松戸川のヤナギ越に魚船を見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/03/13 21:49
ねこやなぎ
植物園で見るネコヤナギは1m50cm位なのが多い。 川原には3mくらいのがある。 ビロード状の繭が美しいが此処からオシベ、めしべが出る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/12 22:10
きじ
3月になり朝は相変わらず寒いが日中はかなり暖かい。 散歩は6時半頃家を出るが♂キジの♀を呼ぶ声が聞こえるようになった。 キジは中々姿を見せない。日向ぼっこをしているのを運がよければ見られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/12 08:11
まつどがわ の やなぎ萌える
江戸川に流れ込む支流の水を川原の地下浄化施設に取り込み江戸川の水質向上を している。地下施設の上を流れる松戸川の両岸にはヤナギが植えられ大木になって いる。 ヤナギが日ごとに豊かな緑になってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/11 06:59
えどがわのはる
子供の頃から馴染んだ江戸川の春の花。 ひめおどりこそう ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/10 08:37
逃げ切れ のすり
開いた距離を更に開けられるか。ノスリ頑張れ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/09 08:09
のすりvsからす 7
一羽でも勝っているのに助っ人が来た。 強い者に味方が付くのは世の常だが、ここはカラスの地元に一羽で飛んできたノスリは不利である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/08 08:03
のすりvsからす 6
後部高位置、絶好の位置に付き攻撃を加える。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/07 08:11
のすりvsからす 5
もう一歩がだが体当たりできない。 テリトリーから追い出すまでやるのか? 何時までも止めない必要さはカラスが憎くなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/06 08:21
ひとやすみ やよい4日
3月4日早朝でなく朝江戸川にいった。 暖かく陽気に包まれ気温は春爛漫という感じだった。 ヤナギも新芽が萌えだしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/05 08:12
のすりvsからす 4
接近すると尾を広げ減速し襲い掛かろうとする。 スピードを出したままぶつかると両者ダメージが出るのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/04 08:46
のすりvsからす 3
川の上空に戻りやや降りてきた。 動物は強い方が優位で逃げ切るまで襲われたほうは逃げ逆転は無いのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/03 08:23
のすりvsからす 2
上空高高度、遠くでカラスの虐めが行われている。 カラスが常に後ろの高位置に付け優位である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/02 08:20
のすりvsからす 1
26日の草叢に留まったノスリが飛び立ち川の方に行ってススキに邪魔され見えなくなった。 チョウゲンボウを追い払ったカラスが戻ってきて急に急降下をした。 虫の居所が悪いのか興奮状態なのだろう。 程なく川からノスリが舞い上がり続いてカラスが追ってきた。 成鳥と成鳥なら猛禽のノスリの方が強いと思うがバトルの始まり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/01 07:56
ちょうげんぼうvsからす 
ノスリの周りを飛んでいたチョウゲンボウをカラスが襲い追いかけて行った。 チョウゲンボウも成鳥になれば強いが成人していない鳥と思われるが カラスに追われていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/28 08:25
のすり とぶ
下に飛ぶチョウゲンボウに比べると体は大きく(ノスリ58cm、チョウゲンボウ36cm)羽も 大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/27 07:11
のすり
以前チョウゲンボウを見たところでやや大きい鳥を見た。 チョウゲンボウだろうと写してPCで見たらノスリらしい。 タカ目タカ科と言うやはり猛禽である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/26 08:05
はくせきれい
やっとセキレイが目の前で飛んでくれた。 尾を上下させ歩きまわっていて狙っている時は飛んでくれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/25 11:13
もず つがい
もずが番でいた。 小生は始めてみる光景だ。 上に留まっている方が♀、下の過眼線の黒いのが♂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/24 07:51
かいつぶり偽だいぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/23 08:08
すずめ とびたつ
スズメは現在土手に居る事が多い。 飛び上がると朝日に羽が透かされきれいだ。 見飽きた筈だが多数でも単数でも気にする鳥である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/22 08:15
ひばりとびだし
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/21 08:09
エメラルドグリーンのめ
http://www.honcho-matsudo.com/h19-2-hirano-u.html#1 画面をクリックして下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/20 08:09
じょうびたき
冬鳥として来る。 鳴き声は聞いているかも知れないが解らない。 オレンジの腹から背中を見せて飛び去るのを見て解る。 写真にしてからのドングリ目玉が可愛い。 ♂は黒い頭をしているが江戸川では見た事が無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/19 07:51
あおじ
この季節にススキの中の細い道で餌を漁っている。 道を通ると先に先に逃げる。 夏に日光戦場ヶ原の木の天辺に居るのを見た事がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/18 09:18
すずめ えまーじぇんしー動画
スズメは物凄い数で一気に飛ぶ。 ぶつからないのだろうかと心配する。 地面から飛び上がって低い木に一斉に留まった。 先着のスズメが恐怖で頭を下げるのが見える。 http://www.honcho-matsudo.com/h19-hirano-h18-oya-hina-slide.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/17 09:03
もず
精悍なモズも羽毛を膨らませ暖をとっている。 大抵は木の天辺にいるがヒラヒラと地面近くを飛びススキに留まる事もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/16 08:03
はくせきれいとびだし
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/15 08:25
ほおじろとびだし
以上の写真を連続写真にすると http://www.honcho-matsudo.com/h19-2-hirano-nuke-suzume.html#1 URLをクリックし画像をクリックして下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/02/14 06:42
いりひ2
富士山と夕日を追った合間の風景です。 鳥はねぐらに帰る。 川は黄金の輝き。 太陽は神々しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/13 07:10
ほおじろ さえずる
ホオジロが毎年のことながら多くなった。 9月に早朝の静寂にピーチュクンチュクンと澄んだ声で鳴いていた鳴き声が聞こえた。 冬になってからはホオジロの鳴き声は極まれにしか聞かなかった。 が日の出の川原で朝日に照らされて鳴いているホオジロに出会った。 順光、逆光で撮ってみた。 土手側から 上を向いて得意げ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/13 06:49
ひのいり
友が手賀沼から入日が富士山に重なるのが見える事がある。と言っていた。 それなら江戸川でも有るかも知れないと思った。 知っている人が居ましたら教えてください。 月日も解ったら教えてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/12 08:25
こがも
今年はカモ類が少ない。 一昨年はこの場所にヒドリガモが50羽はいたのだが 今日も一羽も居ない。カルガモも見えない。 以前は暗いうちから歩いていたので暗黒の江戸川でヒドリガモが鳴く声が ミューン、ミューンと聞こえたものだ。 他の餌の多い川へ行ってしまったのだろう。 最近コガモが6羽居ついているが逃げるのが速く上手く撮れない。 コガモ♂ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/12 08:24
ほとけのざ
日当たりの良い土手には春の花ホトケノ座が咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 12:47
つぐみひしょう
安心して飛び出すときは落下するようにしてから羽を広げる。 危険を感じた時は思いっきり飛ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 07:24
そらでなく ひばり
寒い早朝、北風に向かって舞い上がった ヒバリがピーチク鳴き出した。 寒いのにご苦労さん。 暖かくなれば聞く方も気持ちよく聞けるが 刺すような北風の中で囀るヒバリに同情していまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/10 08:18
ひよどりもふくらむ
暖冬とは言え朝は寒い。 尾が長くスマートなヒヨドリもボール状態だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/09 08:57
おしえてください(あかはら)
初めて会った鳥です。 ツグミと同じくらいだから24cm位の大きさと思います。 朝何時もの散歩で出会いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/08 10:24
たひばり
田圃で良く見られヒバリに似ているからタヒバリという。 冬鳥だ。 今季初登場だ。 来れば何時でも見られ5から10羽で彼方此方で見かける。 古ヶ崎の花畑にヒバリと居る事が多い。 地味な色で目立たない鳥だがやってきてくれて安心した。 セキレイの仲間と言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/08 08:15
べにましこ
関東には冬鳥としてくる。北国で夏に繁殖すると言う。 去年今年と一回づつしか見ていない。 赤い鳥は珍しいのでゆっくり見たいと思うがその機会はない。 アトリ科でカワラヒワの親戚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/07 08:57
すずめ
スズメはススキ叢にいたり平地にいたり、土手に居たりするが大抵は40羽くらいの 集団でいる。 飛ぶ立つ形、着陸しようと減速する様を写しても中々見たままの賑やかさはでない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/06 09:14
おおばん
江戸川の冬のスターオオバンが遊んでる。 人影を感じると我先に葦の陰に隠れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/05 08:45
かいつぶり
鋭い目とすばしこいカモよりは小型のこの鳥は近くで写せない。 頻繁に潜っているカイツブリを土手で見て近づいたが逃げられ追えなかった。 カイツブリは首が切れたが水跡がきれいに写った。 松戸川でなく江戸川本流に小さな体で泳いでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/04 09:50
はと
鳩は土手に群れていて餌をくれる人知っている。 その人が来ると寄って来る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/03 07:31
おおじゅりん2
冷たい空気が肩にずっしりと圧し掛かって来る 物音の無い静寂な川原に鳥の囀りもあまりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/02 07:57
めじろ
めじろは黄緑が写ってメジロと思うが光のある時に出会わない。 小さくてかわい鳥だが黄緑が出ないと満足いかない。 江戸川川原でメジロにあった事は無かったが芽を膨らませたヤナギに3羽留まっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/01 08:48
ひばり はちがう
ヒバリも膨らんでいるが、これは全身を震わせて鳴いている。 寒い朝ムクドリが羽毛を膨らませ暖を取ってる同じ時間にヒバリは春を呼んでいる。 暖を取る筋肉作用と鳴く為に筋肉に力が入るのとでは両方とも筋肉が収縮し羽毛に は立毛という現象が起きるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/31 07:15
かわらひわ
カワラヒワも寒い日はボールの様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/30 08:47
はるまえのまつどかわ
葦原に鶯が鳴くようになると寒気は緩む。 今はまつどがわはオオバンの独占だ。 去年11月には来ていたヒドリガモ、留め鳥のカルガモは現在見かけない。 葦の根本に草花が咲くのももうじきだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/28 20:59
むくどり
寒いと鳥達は鳥肌を立て羽毛に空気を含ませ膨らんでいる。 ボールのようなムクドリたち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/28 07:41
かわう こんいんしょく
18年12月「はくもうのかわう」で首が白くなったカワウを紹介した。 その後この時期に首が白くなるのは婚姻色とブログで教わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/27 08:40
ちょうげんぼうとぶ2
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/26 08:58
かわらひわ
キリキリコロコロと声は聞こえるが姿を捕らえ難くなったカワラヒワと出合った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/25 08:52
おおじゅりん
オオジュリンもススキ藪の入り口にいて直ぐに中に逃げ込む。 やっと写した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/24 08:55
ほおじろ
初秋の頃ヤナギの天辺で単独で気持ちよく鳴いていたホオジロ が3から4羽の群れを成し地面で餌を漁っている姿が多くなった。 小生の知っているホオジロは地面で餌を食べている物だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/23 08:58
げいらかいと
小学生の頃は冬は毎日タコ上げに行っていた。 小生の頃は独楽だこが安定し上げやすかったが子供と一緒に上げたゲイラカイトは更に 易しかった。 凧揚げに熱心だった頃は糸をビール瓶の胴体くらい持っていた。繰り出すのは簡単だが巻くのに時間が掛かった。 松戸NTTの前が道路造成中で周りが畑で安全な広場だった。そこから西風に乗せてあげたのだから6号線を越え和名ヶ谷くらいまでは行ったのではと思っている。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/22 07:58
つぐみとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/13 09:51
かわう せんすい
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 09:04
つぐみ りりく
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/11 08:21
すずめごたい
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 08:56
ひよどり も落下だ
木の上から飛ぶときは大抵の鳥ははじめは 羽を動かさずある程度落下してから羽根を拡げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/09 08:51
つぐみすっとび
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/08 08:26
かわせみ4
久しぶりにカワセミに会った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/07 08:22
すずめとびだし
スズメは土手に居たり、畑に居たり、ススキ叢に居たり群れて空を飛んだりしている。 飛び出す瞬間ですが尾をピット立てる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/06 09:16
じょうびたき
ジョウビタキは草叢の入り口で遊んでいるが 足音を聞くと草の奥に入ってしまい写しにくい。 奥深く入らないうちに上手く写った方だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/05 08:49
うみねこ
対岸の砂浜にはウミネコが良く休んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/04 10:12
ゆりかもめ
現在は坂川にユリカモメがたむろしている。 江戸川のウミネコと住み分けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/31 07:40
なんきんはぜ&むくどり
いつもはヒヨドリが食事に来るナンキンハゼの実をムクドリが食べていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/30 08:03
せきれい の だんす
二羽で地上近くでも空中でも戯れている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/29 07:35
ひよどりとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/28 09:10
かわうちゃくすい
着水を写すチャンスだったがこの後を追えなかった。 非常に残念である。 このカワウは首が白く胴にも白斑がある其処にいつ居ているカワウである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/27 07:12
はくもうの かわう
群れをなして飛んでいるカワウの中で 何時でも一羽で居るカワウがいる。ここで見掛けるようになって3ヶ月になる。 周りに同僚がいなくともカモやバンが居れば良いみたいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/26 07:31
柿を食べる ひよどり
何時までも熟した柿が成っている。 家の人が取らないから渋柿だ。 ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、メジロ、カラスが突付き実は段々少なくなる。 枝に留まり渋柿を突付く食べ方が多かったが今日のヒヨドリは渋柿に乗っかって 食べていた。渋柿を食べる鳥と人間は味覚が違うのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 07:18
柿を食べる むくどり
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/24 07:16
お向かいの鳥達
日の当たらないビルの谷間に集る鳥達。 県道を挟んで向かいの駐車場の奥の庭に柿木があり野鳥が朝から夕まで集る。 これらの鳥は一種類来るのではなく一辺に集る事が多い。 むくどり ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 05:26
俺の番だ露天風呂 おおじゅりん
小鳥達は寒い早朝から 雨の後の水溜りで水浴びをしている。 冷たくないのか後は寒くないのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/22 07:53
たそがれ もず
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/21 02:29
ゆうひ
Sun is sinking in the west. The cattle go down to the stream, The redwing settles in the nest. It's time for cowboy to dream. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/12/20 06:52
ちょうげんぼう 野鼠を運ぶ
平成16年の写真です。 野鼠が大きすぎやっと飛んでいるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/19 00:29
♀ちょうげんぼう とぶ
平成16年の写真です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/18 07:30
江戸川 やなぎ黄葉
江戸川川原の松戸川の両岸にヤナギの大木が沢山ある。 現在ヤナギの黄葉が美しい。 夏は蝶のコムラサキが好んで留まっていた。 オナガ、ヒヨドリ、オアオアサギ、ダイサギも留まってた。 秋になってモズが天辺に留まっていたヤナギがほど良い黄色になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/17 19:03
ちょうげんぼう とびだし2
平成16年の写真です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/17 07:16
ちょうげんぼう ほばりんぐ2
平成16年の写真です。 育児中は頻繁にホバリングしては野鼠を捕り給餌に忙しかった。 曇りの日でハッキリは撮れなかったが腹面の写真だ。 翼を付け根から小さく羽ばたく時と翼の中程から先を上下する事がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/16 07:44
ちょうげんぼう ほばりんぐ
これは平成16年の写真です。 ホバリングは鳥が羽を小刻みに動かし空中一ヶ所に留まり 地上の獲物を狙う仕草をいいます。停空飛翔と言います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/15 07:52
ちょうげんぼうとぶ
羽は大きい。 筋肉が柔らかく丈夫と思えるのはヒラヒラ軽やかに飛ぶからそう思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/14 06:24
ちょうげんぼう とびだし
猛禽には精悍な印象がある。 チョウゲンボウの♂は♀に比べると真ん丸な顔をしている。 丸い顔をして太い股引をはき飛び出す。 初めて飛び出しを見たときはアレッーらしくないと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/12 06:17
ちょうげんぼう
今日はチョウゲンボウが暫く相手をしてくれた。 平成16年に生まれた子供のようだ。 番でいるので婿又は嫁が来たのか? 頭が茶色で尾も茶色なのが♀だ。♀の方が大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/11 07:06
じょうびたきとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/10 06:16
ちょうげんぼう&かわらひわ
カワラヒワの集団がチョウゲンボウに追いかけられるように飛んできた。 方向転換しチョウゲンボウが先達て飛び去った。 何をしていたのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/09 06:54
むくどりとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/08 07:45
つぐみりりく
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/07 06:31
おおじゅりとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/06 07:54
暁からす
冬になるとカラスは群れてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/05 08:18
もず めす とびだし
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/04 07:16
つぐみ
じゃれるツグミ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 06:55
おおばん
オオバンは藻を食べる。 泳いでいて大きな体を浅く潜水させ直ぐに藻を咥えて浮き上がってくる。 さて腹減ったな・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/02 07:13
すずめ着木2
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 08:00
すずめとぶ
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/01 07:59
寒くても露天風呂だ!
暖かい石で温まろ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/30 07:54
すずめむれる
小さなスズメでも之だけになると飛び立つときバサバサと大きな音を立てる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/29 07:10
陽と戯れる すずめ
季節により同じ川原内でも居場所は少々移動するらしい。 現在は日の出時は土手に多い。 朝日に輝くスズメの羽は綺麗だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/28 06:58
せきれい
セキレイの飛び出しを正面から撮ったのですが セキレイは翼を一度上げ下げすると翼を閉じたままロケットのように進む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/27 06:55
せきれいりりく
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 06:48
めじろ
11/23川から街に帰ったらスズメと違う飛び方で急降下してきた鳥が居た。 メジロだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 07:38
かいつぶり
カイツブリは小型でよく潜る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/25 07:37
こがも
11/23くもり早朝 ヒドリガモやカルガモより敏感で小型のかもがいる。 写真で見たら頭に緑の帯が入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 03:59
かわらひわちゃくそう
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/23 05:50
ちりもつもれば・・
江戸川河川事務所のWeb広報誌E-naが注目してくれました。 http://www.edogawa.go.jp/200612/special/02/index.html どうぞ御覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/22 14:24
おおじゅりん
冬鳥で最近渡ってきた。 今迄スズメが群れていた、ススキの草叢に5〜7羽で群れている。 チュィーンチュィーンと鳴く。 ススキや葦の茎を割り中の虫を食べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/22 05:35
じょうびたき
羽の斑点でモズかと思うことがある。 良く見ていると小さなつぶらなドングリマナコが可愛い鳥である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/21 06:47
せきれい
最近はセキレイばかりと言う感じだ。 空中も地上もチチチとセキレイの声が聞こえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/20 05:03
ちょうげんぼう
久しぶりにチョウゲンボウに会った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/11/19 07:42
つぐみとぶ
ツグミは冬鳥だ。 昨冬は今年の1月になってから多くなり旧年中は余り居なかった。 今冬は11月初旬から多い。 友に聞いたら年によって場所ごとに多い少ないは有っても地方全体では来る数に変りは 無いと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 12:28
ひよどり と なんきんはぜ
6時過ぎの江戸川で暗い。 口に白いナンキンハゼの実を咥えている。 ハナミズキの実、ビラカンサの実に集りビキィーとうるさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/18 08:56
しじゅうから
江戸川のヤナギにも多数いる。 飛ぶのが早く中々写せない。 チュピーチュピーと綺麗な声でなく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/18 05:44
ああ のどがかわいた
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/17 10:52
すずめとびだし3
スズメは子供の頃から見慣れた鳥だ。 斬新な姿を撮りたいと思っているが気侭に行動する鳥にはどうタイミングを合わせば良いか 解らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/17 05:39
かわらひわ着草
コスモス畑を横切ると(道は雑草が膝くらいまであり露にぬれ運動靴ではズボンも靴も グショグショになる。よって作業用の長靴で歩く)カワラヒワが飛び出す。大空を舞った後 、川よりのススキと大ブタクサの藪の高いところに留まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/16 19:22
11/16かわぎり
11月16日は幾分温度が下がった所為か川に霧が出ていた。 水温の方が高く気温が下がり結露したのだろう。 コスモス畑では地下に浄水場が有るからか換気口から霧が吹き出し更に鉄 蓋の小さな穴で共鳴した霧が汽笛のように鳴り続けていた。霧の粒子の大きさで鳴ったり 鳴らなかったりするのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/16 12:28
きんくろはじろ♀
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/16 05:56
えぞびたき
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/15 06:51
おなが3
オナガは何時でも見られるわけではない。 ある時団体で飛んできて暫く居て飛び去る。 見ることの方が珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/14 05:41
ちょうげんぼう vs からす
チョウゲンボウ対カラス チョウゲンボウは鳩と同じ位の大きさの猛禽でファイターである。 カラスはチョウゲンボウの1.5倍くらいの大きさで気の立っているときは人間をも襲う。 山岳地方ではカラスが20羽の大群でチョウゲンボの雛の居る巣を襲う事があるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/13 05:39
むくどり
...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/12 06:05
ねこ
散歩に出ようとしたら道路で猫がにらみあっている。 逃げるといけないので中から一枚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/12 06:05
ふゆどり到来
モズ、ヒドリガモに続いてタヒバリ、ツグミ、オオバンをこの冬初めて確認した。 いよいよ川原は鳥達の季節になる。 オオバン ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/11 05:00
あさやけ
明けガラス ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/11 05:00

トップへ | みんなの「自然」ブログ

江戸川風景 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる