サッカー

昭和20年代は千葉大の工学部、園芸学部のグラウンドで良く野球を
やった。そこでサッカーのゴールがあるのに気が付いていたがサッカー
とは如何いうスポーツか解らなかった。サッカーを少し理解したのは石原
慎太郎の小説の中に出てきてからだ。

小学校時代の親友がサッカーをやっていて明治大で杉山選手(早稲田の
釜本選手も同時代で並び賞された)と一緒に競技していたが興味はなか
った。彼は大卒時から今でも子供にサッカーを教えている。

現在はサッカー少年が野球少年を上回るくらいサッカーは盛んと聞く。
画像

画像

江戸川古ヶ崎では野球3対サッカー1の割合だが主水のグラウンドはサッカー
専用が4面ある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

紫山堂管理人
2006年04月21日 18:33
そうですか。サッカー人気。
野球はダサいのですかねぇ~。
私の世代は野球でしたから放課後はグラウンドの取り合いで大変でした。
グローブはもらい物を使っていましたが、バットだけは新しい物を買ってくれて、大変喜んだ思い出があります。
サッカーの場合はボール一つあれば十分遊べるのでしょうか。

僭越ながら告知です。
桜写真アップしました。
ご覧下さい。

この記事へのトラックバック