はんげしょう

夏至の後11日目(7/2頃)を半夏生と呼ぶ。
この頃半夏生の上を向いた穂状の花が咲き葉の半分が白くなるので半化粧とも言われる。
漢方薬に半夏があるが違う植物である。半夏はカラスビシャクの球茎。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろちん
2006年07月14日 02:44
面白い花ですね。花が咲くと葉は葉緑体がなくなってしまうんですかね。
散歩好き
2006年07月14日 04:26
マタタビも同じように夏に葉が白くなります。

この記事へのトラックバック