ほそばうんらん

7月に道路脇に一輪咲いて翌日には無くなっていたホソバウンランが目立たない場所で
長持ちしている。
ヨーロッパから観賞ようとして輸入され野生化したという。
花期は7月から10月。
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月09日 03:21
外来帰化植物を見かける江戸川、流れや風に乗って種子などが漂着するのでしょうか。10月7日の水かさ、翌日までの強風はすごかったですね。また新たな種がたどり着くのかな。
散歩好き
2006年10月09日 07:30
matsumaruさま川原の植物の9割は外来種ですね。春はアマナが咲くと
聞いたので来年は探そうと思っています。
ひろちん
2006年10月10日 14:09
あっ。
ひろちんの花だ。最近は下唇を出しブーブーつばをだしています。
散歩好き
2006年10月10日 14:58
母親も文句ばかりブーブー言っていた時期があった。

この記事へのトラックバック