せきやど

6/3松戸~関宿40kmは歩けるのではないかと計画した歩行は江戸川土手を松戸から
20km地点野田橋で挫折した。

10/8は野田橋から先を歩こうと7時に家を出た。

7日も北風が強かったので2日も強風は続かないだろうと好天の下出かけた。

7時13分松戸発次いで7時29分柏発の東武野田線で野田市駅へ其処から早足で野田橋
に向かった。それでも30分掛かった。と言う事は駅から野田橋まで3km近くある。

土手に出たのが8時20分、正面に富士山がくっきり見える。電線が無いのですっきりしている。男子の小生がよろめくほどの強風が吹いている。一昨日からの荒天が続いている。
関宿に向かって強いアゲインストだ。

東京湾から40kmが出発点と思っていたが野田橋は海から38kmらしい。
1時までには関宿城に着きたいと強風に向かって体を前に倒し歩き出した。
川原は2日前の大雨で水没し殺風景である。
画像


土手も曲がっているのでまともな強いアゲインスト、または左前からの向かい風を気にしながら進んだ。
金野井大橋を越え宝殊花橋を越えた所で妻が強風で飛ばされそうで恐いので下の道を行きたいと言う。それもそうだと土手を降り日光東往還道を歩いた。
土手上に比べれば風も少しは弱く幾分楽だ。
日光東往還道とは徳川幕府の祖家康の墓所日光東照宮に徳川家や大大名が参拝するのに本体の行列は日光街道を行ったが御供の一部は水戸街道で松戸に来て流山街道、野田から結城を経て日光に向かった道である。
理由は日光街道の旅籠だけでは大行列をまかないきれなかったと言うことだ。
この道は土手を行くより1km位遠回りになった。
初めての道を不安を持ちながら急いだ。自動車の通る道は土手に比べると見晴らしは悪い。
途中右手に利根川の土手左手に江戸川土手がみえ細長い関宿を歩いていると実感した。
右利根川の土手、筑波山がはっきり見える。
写真をクリックすると大きくなる。
画像

左はビニールハウスの奥に見える江戸川の土手。
画像

鈴木貫太郎大将の墓地、貫太郎記念館を見ながら江戸川土手の近くに見える関宿城に回り道をしながらやっと着いた。
2時20分6時間掛かった。この強風と途中見学をしたから仕方がないだろう。
画像

関宿城博物館は素晴らしかった。
難儀した強風のおかげで見晴らしが素晴らしい。

興味を持っていた利根川の東遷をテーマに展示していたのも嬉しかった。
利根川の東遷とは1664年以前は利根川は東京湾に流れ江戸は度々洪水にみまわれた。江戸川も関宿までは届いてなかったのを開削し、利根川も栗橋から関宿を鍬とモッコで開削し江戸の治水をなし、江戸川を掘ることで舟運がすごく盛んになった。
茨城以北の産物は東北の紙、タバコ、海産物、米どころの米等外房から東京湾の海路は取らず北浦、霞ヶ浦から利根川に入り関宿から江戸川を通り江戸に向かった。
栃木方面からは鬼怒川、渡良瀬川から利根川に入り同じルートで江戸に運ばれた。
江戸川は日に百艘以上の高瀬舟が行きかい松戸も河岸としても繁盛しその上、九十九里の魚を江戸へ運んだ中継地としても大変栄えた。

治水が良くなり新田開発も活発で流域の埼玉県側では以後石高が倍増したと言う。

4階の天主から見た本日の目的の利根川と江戸川の交わるのも見られ満足満足。
天主の左から富士山が仰げる。
画像

江戸川、利根川の分岐。川幅の広い利根川と1/3位の川幅の江戸川。
江戸時代から明治にかけ江戸川の利根川との接触地点には棒出しで川幅を狭くし利根川の水が増えた時、大量の水が江戸川に流れ込まないようにしていた仕組みにはびっくりした。
画像

前橋から長時間バスに乗って行った赤城山も見える。
画像

日光で良く見た男体山。晴れた日には松戸の江戸川からも見える。
画像

茨城の境町に通じる境大橋。
画像

この景色である。
今度は柏から利根川土手を此処までやってみようと思った。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

saheizi-inokori
2006年10月09日 11:04
よく歩きましたね。10分1キロなんて30代の数字です。
刺激を受けて今から散歩します。こちらは2時間5キロくらいのスローペース。道々で人の庭の花を眺めたり・・。
散歩好き
2006年10月09日 11:15
saheiziさん 変形性膝関節症であまり歩けなかった女房も
毎朝の散歩がリハビリになって6時間食事以外の休みは無く
歩き通しました。めでたしと言うところです。
knaito57
2006年10月09日 12:20
6月以来の宿願達成、おめでとうございます。ほんと、この季節にはめずらしいほどの眺望に恵まれたのは強風に難儀したごほうびですね。画像を見ると情景を思い出します。両側に利根川と江戸川の土手が見えるあたりに“ひまわりの里”があったんです。
散歩好き
2006年10月09日 13:10
博物館で券を買おうとしたら係りの女性に65歳以上でしたら
無料ですと言われknaito57さんの事を思い出しました。
未だ5ヶ月ありますと言ったがそれ相応に見られチョット複雑です。
ひろちん
2006年10月09日 14:15
お疲れ様でした。
風すごかったみたいですね。けどそのおかげで空がきれいで遠くの山々まで見ることができたんですね。
江戸川と利根川の仕組みには驚きました。
昔から頭の良い人はいたんですね。
散歩好き
2006年10月09日 14:38
江戸川は増水で河川敷は水没しグライダーの滑空場も見られず
風だけがビュービュー吹いて大変だった。
その代わり関東平野を見渡した感じだ。

この記事へのトラックバック