ちょうげんぼう vs からす

チョウゲンボウ対カラス
チョウゲンボウは鳩と同じ位の大きさの猛禽でファイターである。
カラスはチョウゲンボウの1.5倍くらいの大きさで気の立っているときは人間をも襲う。
山岳地方ではカラスが20羽の大群でチョウゲンボの雛の居る巣を襲う事があるという。
画像

画像

画像

画像

シマッタ旋回で後ろに着かれた。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

knaito57
2006年11月13日 10:53
相手の背後につく!──空中戦ではそれがいかに重要なことか。ゼロ戦の撃墜王・坂井三郎の『大空のサムライ』を思い出しました。当然に「速度と視力」が勝敗を岐けるのですが、チョウゲンボウとカラスではどうなのでしょうか。
散歩好き
2006年11月13日 12:29
小生は近所の自治会長が何事にも詳しく特に戦記物には強い。の影響で
坂井三郎は知っていました。その影響で後ろに着かれたと表現しました。
それを読んでくれたknaito57様の知識のキャパも素晴らしい。
http://www.tante2.com/sakai-saburo-d.htm#f4f-2 自治会長のページから
knaito57
2006年11月14日 10:28
ご紹介いただいた“淫多熱人”さんのページを訪ねて興味津々、しばし「忘れていたような時間」にひたりました。世の中(あるいはインターネット社会)は広いというか狭いというべきか、思わぬところに意外な人がいるものだとあらためて感じ入りました。ありがとうございました。
散歩好き
2006年11月14日 12:50
knaito57さんもsaheiziさんもネットで影響を与える熱人と思いますよ。
ひろちん
2006年11月17日 01:39
きょうちゃん強いですね。
また写真に取れたんですね。
散歩好き
2006年11月17日 07:44
ちょうちゃんはいるらしいが見えないところに巣が有り
飛んでいるところしか見られない。
3年前2ヶ月に渡りゆっくり観察で来たのは幸運だった。

この記事へのトラックバック