アウト

1/14久し振りに昼間の江戸川に行った。
シニアーリトルが試合をしていた。
横浜ナンバーのミニバスが止まっていてバッグには鶴見の名があった。
随分遠くから試合にくるものだ。古い記憶には大昔甲子園夏の大会に野球どころ神奈川
代表に鶴見工業高校がなった事があり、ピッチャーは黒田と言った。1勝したのを憶えている。
昭和29年だったか?。短期記憶が無く古い事を憶えているのはボケの始まりだ。

ピッチャーの太い腰周りをみると随分鍛えられている。
画像

サードゴロ
画像

あたりが弱かったのでジャストアウト
画像

試合後はトンボでマウンドを整地する。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろちん
2007年01月20日 16:50
神奈川からよく江戸川まで来ましたね。
一塁手の人足がつらそう。
ピッチャーって細いイメージなんですが江川みたくどっしりしている人のほうが上手なんですか?
散歩好き
2007年01月20日 17:02
今yuuichiの勉強が終わった所。漢文が長く苦労した。
ピッチャーは腰は大きく胴は細くないとキレガ無いでしょう。
knaito57
2007年01月24日 14:26
かつて多摩川グラウンドに当時の川上監督を取材したことがあります。さすがの風格でいい話を聞けましたが、もっと印象深かったのは堀内投手の偉大な下半身。りっぱな大腿と臀部は一流ピッチャーの条件ですが、胴回りはやはり締まっていなければいけませんね。さまざまなスポーツを見るにつけて、その競技に合ったボディ(先天的とトレーニングによる)というのがあることを考えさせられます。
散歩好き
2007年01月24日 15:19
knaito57さんお久し振りです。
セベ・バルステロスが全盛時やはりスペインのプロゴルファーだった
セべの兄も日本のトーナメントに出ていてガッチリ形の腕の短い体型を
見て是では弟に敵わないだろうなと思いました。
近所
2007年01月25日 17:58
はと胸でっちりで最初に驚いたのは、東急が日本一になって渋谷でパレードをしたときに見た尾崎。あとひとりは、新大阪で東京に向かう阪神タイガースの選手の一群のなかにいた江夏。どっちもすごかったな!!10年ぐらい前だったろうか、松戸駅の改札口前に一目でわかるあの尾崎がいたので話しかけましたが、いい感じの中年親父でしたよ(紳士という感じではなかったが・・・)。
散歩好き
2007年01月25日 19:20
東映フライヤーズですね。水原監督
近所さんはプロでも桁外れだった人達をまじかに見て羨ましい。
法政二高の柴田勲と浪商二年の尾崎行雄の投げ合いは興奮して見た。
法政二高の田丸監督は法政大学の監督から大毎の監督にもなったと
思うが、如何だったろう。
近所・・・インターネットはすごい!!
2007年01月25日 20:24
大毎オリオンズで引いたら、すぐ出た!!
田丸監督はいた!
毎日オリオンズ(1950年) 監督 : 湯浅 禎夫
大毎オリオンズ(1959年) 監督 : 別当 薫
大毎オリオンズ(1960年) 監督 : 西本 幸雄
大毎オリオンズ(1961年) 監督 : 宇野 光雄
大毎オリオンズ(1962年) 監督 : 宇野 光雄
大毎オリオンズ(1963年) 監督 : 本堂 安次
東京オリオンズ(1964年) 監督 : 本堂 安次
東京オリオンズ(1965年) 監督 : 本堂 安次
東京オリオンズ(1966年) 監督 : 田丸 仁
東京オリオンズ(1967年) 監督 : 戸倉 勝城
               濃人 渉
東京オリオンズ(1968年) 監督 : 濃人 渉
・・・この翌年からロッテオリオンズとのこと
散歩好き
2007年01月25日 21:37
戸倉勝城は第一回のニホンシリーズ毎日対松竹で勝った毎日の
4番でMVPだったと思うが
散歩好き
2007年01月25日 21:59
早速YAHOで検索したら第一回日本シリーズのMVPは
別当薫でした。
甲陽中学から慶応で同年代の遠藤周作が妬むほどもてたと読んだ事がある。

この記事へのトラックバック