やまじのほととぎす

先週のヤマホトトギスと今回のヤマジノホトトギスの違いは今回の花は
花弁が水平であり、前回のは花弁がそっくり返る所です。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

今日聞こえてきたことはホトトギスの卵の斑点が花のホトトギスのムラサキの班に似ている
からだそうだ。
帰ってから本を見たらホトトギスの胸の模様に似ていると書いてあった。どちらが正しいのだろう。
cfヤマホトトギスhttp://edogawa.at.webry.info/200708/article_29.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

saheizi-inokori
2007年09月06日 09:12
花のホトトギスが鳥のホトトギスに似ているからそう呼ばれているのだと思っていましたが、、。
散歩好き
2007年09月06日 09:54
saheiziさん 俄か野草愛好家なので噂でも真実でなくても聞こえたものは
参考に調べます。netは有り難いですね。
ひろちん
2007年09月06日 18:20
種類によって微妙に咲き方が違うのですね。
細かいです。
散歩好き
2007年09月06日 19:14
ひろちんへ 違いを知っていても何もならないけどね。

この記事へのトラックバック