うみねこ の 食事

散歩は長靴を履いている。
朝露が多く靴もズボンもビショビショになるからだ。

今日は散歩時が干潮で干潟が大きく出ていた。
少しの水溜りを渡り干潟に出たが足がむぐらないで綺麗な砂浜に出られた。

ムナグロとコチドリが水辺で餌を捕っているところへウミネコが飛んできて干潟に残され
日干しになったボラを突付き始めた。
10mくらいに近づいても逃げないのでより大きく撮れた。
画像

画像

画像

画像

野鳥の食べ方は内臓を突付く様で、偶に見る死骸は腹だけがえぐられている。
ウミネコはエラの部分を突付いていたようだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろちん
2007年10月04日 11:56
大様食べだね。
ほとんど食べていないじゃん。
えらがすきなの??
散歩好き
2007年10月04日 12:06
ひろちんへ 一箸付けて替わりを持てと言って昔の殿様は
魚を食べたと言う?。
虫は食べるけど本来肉食ではないのだろう。肉を食い切れないのでは。
散歩好き
2007年10月04日 13:38
ウミネコ形態・生態さんより採食をお借りすると。
採 食  動物質食。 海上や海岸を飛びながら、水面や地上の食べ物を探す。
     ウミネコは水に潜れないため、飛びながら採食、上空から水面に浮き上がってきた魚などを採食、泳ぎながら採食する。
     漁船に群れで付きまとい、船の上空を旋回しながら次々と降下や、ホバリングをして、漁船からこぼれた魚を採食する。
     拾い屋のウミネコは、漁港などに落ちている魚、加工場から出るアラ、甲殻類、動物の死体などを採食する。
     また、海荒れや濃霧のときには10kmも内陸部に入り、昆虫(アブ類)、オタマジャクシなども採食する。

saheizi-inokori
2007年10月05日 10:43
よそ見している間にひっくり返せばまた一口?
散歩隙
2007年10月05日 12:13
saheiziさん 一箸入れた魚の代わりを所望された三太夫は「殿今宵は月が綺麗でござる。」殿が月を見ている隙に魚をひっくり返す。
殿は箸の付けて無い面に一箸入れ「変わりを持て」三太夫が困っていると
殿が「又月を見ようか?」

この記事へのトラックバック