今年の運気

黄帝は古代中国の神話上の皇帝で紀元前2700年頃に帝位に有った人物で度量衡等を定めたとされます。黄帝が科学者岐伯に教えを受けながら製作したとされる黄帝内経運気論から2008年の運気を紹介します。
十干十二支の組み合わせで60年周期で変化する森羅万象を解説し自然界と人体に及ぼす影響を伝えています。
今年は火運大過の年で去年以上の猛暑になるでしょう。運気が火運で天を少陰の熱が支配している歳だからです。去年は7月20日過ぎから暑くなりましたが今年は早くから暑くなります。季節は早め早めに巡ってきます。
運気は大寒1月21日から始まります。
URLを参考にしてください。
五行説で火剋金の思想があり肺、大腸の弱い人は無理をしないように気をつけましょう。
http://www10.plala.or.jp/t-hirano/heisei20nenkauntaika.htm
画像

写真はツグミの正面の顔。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

knaito57
2008年01月17日 14:16
さすがにたいした学識でいらっしゃる。中国三千年の知恵とか東洋医学の奥深さには圧倒され、それがさまざまな形でわれわれの生活に浸透している事実もすごいです。けれども、私のように自我が強くてへそ曲がりなヤツは素朴に思うのです。
・これは全人類にあてはまるのだろうか
・住む地域や政治体制、信奉する宗教とは関係ないのか
・地球温暖化などとは理論的にどう折り合うのか
無知をよいことに、とんだ疑問で失礼しました。
散歩好き
2008年01月17日 14:55
knaito57さん 毎年参考にと言う程度で本から拾っています。
薬の方だけでも30年やってあまり解っていません。之を追求するとまた
何十年と費やすでしょうから。
・毎年うなずく事が多いので漢字圏では通用するのではと思っています。
・もともと国家安寧の為天文学から気候、病気、農作物etcを予測したもの
と思えますので世界各地で陰陽五行説を根底に万事を考えるなら当てはまると思います。
年々違う環境になっても其の中で木火土金水の影響の仕方が有るのだと思います。
先年、現在の我々の常識とは根本が違うからと前置きし1時間半ばかり医師、薬剤師、看護師の集まりで話をし興味深く聞いてくれていたのですが
最後に一人の医師に今の話は全く信用できませんと言われてしまいました。
郷に行っては郷に従えではありませんがある程度、土俵を同じくする所がないと理解が難しいかもしれません。
ひろちん
2008年01月17日 15:06
去年の暑さを知らないのだけどそれよりも暑いなんてちょっと怖いです。
私は肺が弱いのかなあ。
気をつけます。
冷たいものに気をつければいいかなあ。
散歩好き
2008年01月17日 16:04
ひろちんへ 火が燃え盛るので水はある程度採らないといけない。
辛ものは肺を補うから適当に摂る。酸味も良い。後は皮膚を鍛える事かな。

この記事へのトラックバック