からす

カラスは童謡でも詠でも物悲しい、淋しいを形容していた。    「 鴉啼いて わたしも 一人 」 山頭火      しかしカラスは増えすぎたかイメージは変った。          山頭火に影響を与えた詠は方哉の「 せき を しても ひとり 」
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more