テーマ:植物

つるまんねんぐさ

写真は葛飾橋上コンクリートの割れ目に生えたもの。 星型の花も密集さも良く見る野草とは違う感じだ。 古い時代に韓国、中国から渡来と言う。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きばなしょうぶ

野草に黄色い花は多い。 これは特別気高い感じがする。背丈も高いし花も大きい。 小山揚水場の近く松戸川の左岸に一塊ある。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ねずみむぎ

穀物の穂の様な野草は沢山ある。 赤い鮮やかな実(葯)の出た野草を撮った。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ときわはぜ

春から10頃までズーット花を付けるからトキワの名がつき 米に圧力と熱を加え爆ぜた時の形だからトキワハゼと言うそうです。 是も5mm位の小さな花です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

田植えと麦秋

土手外は田圃と畑が広がる。 松戸は野菜が主流の様だが野田に近くなると田植えの終わった田と 褐色に稔った刈り入れを控えた麦が対照的な色合いを見せる。 田植えの後、日照時間が少ないのが気になるが順調に育つ稲 麦秋を迎えた麦畑(麦秋は麦を収穫する季節、初夏の頃をいう)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まめぐんばいなずな

ナズナはぺんぺん草と呼ばれる。ぺんぺん草が生えるは縁起の良い 言葉ではない。 草の頂点に球形に1mmくらいの花が密集し是が軍配状の種になり下に下がり 其の分、花は繰り上がっていく。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びらかんさ

1m位の木に白い花が沢山咲いていた。私が歩いている5kmでは一本だけだ。 コバノガマズミと思ってアップしたが秋に実を付け違和感があったので「この木なんの木」で 尋ねた所ビラカンサと言う事でした。 秋の実
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いたちはぎ

赤入水門から小山揚水までの間に3本ある。 山の法面強化の為 北アメリカから輸入した。 綺麗な花ではない。現在2m位だけど数mになる。 実用的でももっと美しい木が有るだろう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

へびいちご

ついこの間まで黄色い花を咲かせていたへビイチゴが 草陰で実をつけていた。 季節の移ろいは早い。時の過ぎるのは早い。 ヘビイチゴは今年は撮ってないので酷似した雄ヘビイチゴを紹介します。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

くさふじ

土手の上から見てススキの藪の中が紫に見える場所がある。 なんだと思って分け入ったらクサフジが群生していた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うしはこべ

子供の頃はハコベを取ってきて十姉妹にあげたり 山から桑の葉を取ってきて飼っていた蚕に食べさせたりした。 ハコベはメシベが5裂している。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たがらし

前もイヌガラシの名だがこの他ヤブカラシもある。 茎をかむと辛いからと田圃を枯らすからタガラシの名が付いたという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぬがらし

5月初めはこの黄色の花が多かった。 菜の花に似ているし・・。イヌガラシとITサイト「何の花」で教えてもらった。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

はるじおん

薄ピンクの蕾だが花が開くと純白である。5月の中ごろまで背が高く 目立つ。 5月末になると数が大分減り同じような花のヒメジオンがおおくなる。 ハルジオンにとまるベニシジミチョウ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉のはじまり

アメリカフウロが早くも紅葉をはじめた。 若緑が多い中紅色は綺麗に目立つ。 アメリカフウロhttp://edogawa.at.webry.info/200605/article_29.html
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あかばなゆうげしょう

春夏の野草で黄色以外目立つ色彩は少ない。 ピンクはこのアカバナユウゲショウくらいか? 彼方此方に群生している。 同じ群れの中に白子の奇形があった。セキショウみたいに白、ピンクと有ればと思った。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ひとやすみ12 きびたき

高尾山を歩いてきた。 都心に近いので山道は混んでいた。 透きとうるような若葉の中で「ぴーちぃちぃ」と透きとうるさえずりが聞こえるが姿は見えない。道の近くの木に黄色が目立つきれいな鳥が留まった。 素早くカメラを構えたが団体さんの通過で逃げられた。 朴の木の大きい若葉もきれいだ。 キビタキは夏鳥で10月頃まで低山の林に住ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

はなむぐら

これも切り込湖でみたクルマムグラ、オオバノヨツバムグラの親戚だ。 江戸川河川敷で勝手にはびこっている草の形状が高山で見て感激した植物と瓜二つだ。 浅学の為切り込み湖で見たのは崇高な高山植物で類似の植物が雑草として生えているとは思いもしなかった。いままで意にとめないどころか汚らしいと思い込んでいた雑草に親しみを覚えはじめた。花は愛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

にわせきしょう

土手に集落している。 5mm位の花で紫又は白で小さい花だが良く目立つ。 夕方には花は閉じる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

のじしゃ

1mm位の半透明のみずみずさを感じさせる花だ。 食用として長崎に渡来し帰化したという。 マクロにして拡大すると焦点深度は一点になってしまう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きゅうりぐさ

非常に小さなはなで花径は1~2mmほどです。 色形状はワスレナグサに良く似ています。 マクロで手持ち、更に望遠を入れて撮っていて良く撮れたほうです。 葉を揉むときゅうりの臭いがすると言います。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ひとやすみ11追加 ちごゆり

川治湯元の項にチゴユリを追加しました。 http://edogawa.at.webry.info/200605/article_7.html 江戸川に江戸時代には普通に生えていたアマナが復活していると言います。 ある場所では外来植物を抜いた所アマナが咲いたといいます。 是非見てみたいと思います。ユリ科でチゴユリに似ていると言いま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとやすみ11 むらさきけまん

最終行程 川治湯本に近づいてから現れた野草 ムラサキケマン カキドウシ 民間薬で連銭草といい糖尿病に効くという。 箱根でも見たナツトウダイ チゴユリ 小生は見落としていたがフラウに言われてチゴユリに気が付いた。 背丈も15cmくらいで花も1cmの白色はか弱く清らかに感じた。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ひとやすみ10 ふでりんどう

足元を注意すると薄紫の直径1.5cm位の可愛い花が咲いている。 形状からリンドウだろう事は見当がつく。 日光でコケリンドウをを見たときも小さいけど目に留まる花だと思った。 ゲンチアナツェー40年以上前に暗記をした。 フデリンドウ 下の写真はミツバチがめしべの奥の蜜を探っている。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとやすみ9 ひとりしずか

野草も豊富だった。 ヒトリシズカ 義経を思い一人で舞った静御前を形容したと言う。 リュウキンカ キンポゲ科の黄色い花ミズバショウと共に池にあった。 セントウソウ仙洞草 1mm位の小さな花だ。 スミレ 春の野山に沢山ある。パンジーしか知らなくて初めて山でスミレを見たときはなんと清楚なと感じた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとやすみ8 みずばしょう

遊歩道脇に小さな池があり、3,4匹のモリアオガエルのコロコロと鳴く声が 初めてでやや興奮し目はこれまた初物のミズバショウに一層輝く。 尾瀬の清流に沢山咲く写真は良く見たが池の浅瀬のそれも純白の仏炎苞が まぶしい。其の中にある芯棒に細かい黄色が無数にあり花はそれと言う。 モリアオガエルhttp://www.tbs.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとやすみ6 やまさくら

サクラもヤシオツツジも散り始めています。新緑には早いと藤原町観光課の答えだったが花も緑も真っ盛りではないが充分楽しめた。 ヤマサクラの茶色の葉と共にある小振りの花は懐かしさを覚え好きだ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとやすみ5 とうごくみつばつつじ

詳しくは知らないで色が濃く葉がないのがムラサキヤシオで 比較的葉が有り色の薄いのがトウゴクミツバツツジと判断していました。 トウゴクミツバツツジを紹介します。 葉が茎を囲むように3枚でるからミツバツツジだそうです。 シロヤシオは5枚でるからゴヨウツツジといいます。 シロヤシオも未だ早いと思いますが一本だけ咲いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとやすみ4 むらさきやしお

30才台に60kgのバーベルを担いでスクワットをやり膝をギクとやった所が 痛み出し鳴き虫山のアカヤシオは断念。 アップダウンの少ない龍王峡でムラサキヤシオを見てきた。 渓谷の両岸にヤシオツツジ、ミツバツツジ、山桜があり野草も豊富だ。 季節の端境期らしく人は少ないのがノンビリ出来る。 葉が出る前に濃い紅紫色の花を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more