テーマ:野鳥

かんむりかいつぶり2

このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。 http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一更新をめざします。 前回は設定失敗ではっきり写らなかったので 機会を待ていた。 一週間経っても同じ場所にいた。 ユリカモメの輪に入ろうとしたが遊んでくれなかった。 こちらは今回が最終回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すずめ とびあがり

このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一更新をめざします。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もず ちゃくち

このブログの容量が一杯になりましたので以下に移行します。http://pub.ne.jp/sanpoman2/ 今後は週一の更新で行いたいと思います。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つぐみりりく

ツグミは地面に居て鎌首をあげ獲物を探している。 激しく地面を突付きミミズを食べている。 飛行機の離陸のように地面から離れる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うぐいす

葦原にジュクジュクと声が聞こえる。 ウグイスの地鳴きらしい。 姿は見えぬ。 影が見えてもアッチこっちにに跳ね葦も邪魔をしなかなか写らない。 しかし今日葦の隙間からウグイスが垣間見られやっとピントが合った。 knaito57さん、sakuraさんが庭に来たウグイスを大きく写したのを見てあやかりたいと思っていましたがやっと写せた。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

かんむりかいつぶり

2月に松戸川でオオバンと一緒にいるオオバンより大きな優雅な顔の鳥を見かけた。 直ぐに潜水し見えなくなった。 江戸川本流で白ぽい鳥を見た。カンンムリカイツブリだ。 松戸川で見かけた鳥だ。現在は夏羽に換羽中だ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かわらひわ

カワラヒワはモスグリーンの体に羽には黄帯がはいる。 翼を拡げて始めて解る。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たひばり

冬鳥が大分いなくなった。 カモ類もオオバンも見えなくなった。 タヒバリは数が増えたようだ。 セキレイ科なのでチーチーとセキレイの声に似ているが細い声だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひよどり

何処かの庭でバナナを餌として鳥にあげているのだろう。 輪切りにしたバナナを咥えたヒヨドリが飛び出したきた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あかはら

渡り鳥のツグミは沢山いる。土手や川原でピョンピョン跳ねている。 ツグミの仲間のアカハラはこの1羽しかいないのだろう。 背面はオリーブ色、脇腹はオレンジ色で腹は白っぽい。 警戒心が強くなかなか写せない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわう とぶ

温かくなってきたので見る方も鳥が水につかっても気にならない。 カワウは早朝に大集団で飛ぶ事が多いが昼間は1羽2羽で行動している。 獰猛なカワウ。黄色い口が顎がはずれるように大きくなる。 http://edogawa.at.webry.info/200705/article_50.html
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すずめ にあみす

視界良好そのまま直進 下から迎撃ミサイルのように飛び上がるスズメ。危ない!! お互いに右に旋回、事なきを得た。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕暮れに飛ぶ ちょうげんぼう

夕方暗く成ってからチョウゲンボウが旋回する事がある。 普通は通り過ぎるだけなのに2,3分旋回していることがある。 もう狩は無理だろうに、ひとしきり飛ぶと巣に帰る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まつど川 越の じょうびたき

樋ノ口水門から赤入水門間の松戸川両岸の葦が自治会長の肝いりで刈られた。 ごみの山だったのがずいぶん綺麗になった。 葦で遮られて見えなかった松戸川も姿を現し土手側から対岸のジョウビタキを写した。 チョコマカじっとしていなくて追いづらかったが辛うじて写った。 上2枚はジョウビタキが此方に居た。 対岸に行ってしまったがそれら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もず とぶ2

晩秋に高い梢に止まってギィーギィー鳴いていたモズも 寒くなる1m位のところに良く留まる。そして地上すれすれの所を飛ぶ。 地面にも良く降りている。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おおあわて

カワラヒワの飛び立つ瞬間です。 斜めになったり、裏返ったり種々の格好で飛び立ちます。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

むくどり

スズメと共に多い鳥でスズメと一緒に土手で餌を食べてる事が多い。 夜、街の街路樹をねぐらとし糞害を起こし敬遠されることもある。 顔はM.Jを連想させる。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

じょうびたき3

番で居る鳥が多いのにジョウビタキはオスメスそれぞれテリトリーを持つという。 江戸川では残念ながらオスを見た事が無い。 メスは古ヶ崎に水門付近に一羽、樋ノ口の水門付近に一羽居るようだ。 其の外を探せばオスは居るのだろうか?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あおじ

アオジも冬にやってくる。 全体黄色っぽい。オスは目の周りが黒ずむ。尾の端が白い特徴がある。 この鳥もホオジロ科だ。 日陰の道で地に落ちた雑草の実を啄ばんでいる。 ホオジロと一緒に居る事も多い。 川原では日陰の道に居て色合いも地味なとりですが日光戦場ヶ原で双眼鏡をのぞいている 一団が居て先をみたらアオジだった。環境の違いは鳥に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more