テーマ:昆虫

あかとんぼ

晴天の下赤とんぼがオス雌繋がって何組も飛んでいる。 昨日の雨で出来た水溜まりに産卵している。 水溜りは明日には干上がってしまうだろうに。 羽が写らなかったが写し方はあるのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

だんとう

時ならず桜が咲いたとか 百舌の初泣きが未だとか新聞をにぎわしている。 江戸川もモンシロチョウで一杯だ。 写真では群舞している所は撮れないがアップの写真を披露する。 数年前は関東には緯度が高いので居ないと言われたツマグロヒョウモンまで霜降を過ぎたのに飛んでいる。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

はぐろとんぼ

我が家の薮蚊防止のために殺虫剤を撒いたところにハグロトンボが来たので 追ったら隣の椿に止まった。やれやれ、、と言うところ。 狐橋の脇でも見かけた。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひめあかたては

アカタテハが現れた。ヨモギが食草と言う。 ツマグロヒョウモンと良く似ている。 クサフジの中のアカタテハ蝶。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

くまんばち

子供の頃は夏休みの宿題は蜂の採集にしていた。 注射器とメタノールと刺された時の治療の為にアンモニア水を持って蜂を追いかけていた。 ハナトラノウの蜜を吸うクマンバチ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まめはんみょう

江戸川では多くはないが彼方此方の草叢にいる。 御覧のように赤い頭と黒いからだで体には白い線が2本入っている。 体液が皮膚につくとカブレを起し水疱を作るので触らないように。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

とのさまばった いなご

小学生の頃はこれを「オウド」と読んでいた。 飛行距離が長いので良く走って追いかけた。 チョウゲンボウを観察していた時良く顔を会わせ教えてくれた老人は秋に チョウゲンボウはトノサマバッタを良く食べると言っていた。 しかしチョウゲンボウはその年の5月の中旬から何処かへ行ってしまった。 当日イナゴともであった。トノサマバ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もんきちょう

コスモス畑にはモンキチョウがヒラヒラ舞っている。 後輩に酒席になると詩を朗読しますと言って 「春になると大きなチョウチョと小さなチョウチョが上になったり、下になったりチョウチョって 良いな~」とやるやつがいる。 参考に秋は 「秋になると大きな枯葉と小さな枯葉が上になったり下になったり枯葉って良いなあ~」    (小生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こむらさき2

コムラサキはヤナギが似合う。食草がヤナギと言う。 食草とは幼虫が好む植物の事。 光りの角度により翅が紫色に光る美しい蝶だ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

せみ

コスモス畑で羽化して間もない油ぜみを見つけた。 10年前我が家のシャッターのレールを殻をかぶった蝉の幼虫が登り3時間掛けて 真っ白いアブラ蝉が羽化した事があった。その頃はデジカメを持っていなかった。貴重な 記録を取れなかったことを残念に思う。 昔は蝉と言えば油ぜみと8月も下旬になるとツクツクボーシの声しか聞こえなかった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

べにしじみ

春から寒くなるまでいる。 食草はスイバ、ギシギシ。 外側はシジミ蝶に近いねずみ色。 コムラサキの写真を増やしました。 http://edogawa.at.webry.info/200607/article_52.html
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひめあかたては

また新しい蝶を見つけた。 早速名人に聞いたところヒメアカタテハとの事。食草はヨモギ。 川原にはヨモギは沢山ある。 コムラサキの写真を増やしました。 http://edogawa.at.webry.info/200607/article_52.html
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あおめあぶ

この仲間はアサシン・フライと総称されているそうです。アサシンは殺し屋との事。 他の昆虫の体液を吸って生きていると言う。まさに殺し屋。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

こむらさき

チョット変わった蝶が飛んでいたので一枚。 早速、蝶博士に聞いたところコムラサキ♂と教えてくれた。 翅が見る角度によって紫に見える。この写真も右翅が紫に見える。 ヤナギを食草とすると言う。江戸川にはヤナギは沢山ある。 ヤナギというと枝垂れヤナギを想像するが江戸川川原に有るのは枝垂れてないヤナギだ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つまぐろひょうもん

平成15年秋に箱根明星ヶ岳でこの蝶を写し詳しい人に聞いたら関西に居る蝶で 最近神奈川でも見かけられるようになった珍しい物だとの事だった。 これが今年は松戸でも見られた。前に尋ねた人は温暖化が原因かもしれないと言っていた。 ツマグロヒョウモンの♀。食草はスミレ類。 平成15年に箱根で写したもの。 matsumaruさんの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

とんぼ

はぐろとんぼ ちょうちょうとんぼ うちわやんま こしあきとんぼ(腰が白いのでこう呼ばれる。) うすばきとんぼ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いねほそみどりかすみかめ

別名アカヒゲホソミドリカスミカメとも言うらしい俗に言うヘップリ虫(カメムシ)の仲間だ。 米の害虫だそうだ。 体長5mm野草を撮っていて写っているとは思わなかった。 ITは各種の達人が居て写真を貼って尋ねたら半日で解決した。貴重な人は居る者だ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more