テーマ:写真

初冬の朝

NTTの鉄塔と早朝便 朝日に向かうカワウ 霜 朝焼けをとぶカルガモ スズメに光る朝日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょうげんぼう vs からす

チョウゲンボウ対カラス チョウゲンボウは鳩と同じ位の大きさの猛禽でファイターである。 カラスはチョウゲンボウの1.5倍くらいの大きさで気の立っているときは人間をも襲う。 山岳地方ではカラスが20羽の大群でチョウゲンボの雛の居る巣を襲う事があるという。 シマッタ旋回で後ろに着かれた。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ねこ

散歩に出ようとしたら道路で猫がにらみあっている。 逃げるといけないので中から一枚。 門の隙間から一枚。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうひにかたる

松戸では未だ富士講を続けている町会がある。 この夕日と富士山は平将門の時代から続いている。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひよどり

寒いうちから4月頃まではギャーギャーうるさかったヒヨドリをすっかり忘れていた。 花見時に良く見かけるヒヨドリは濃い鼠色の美しいとは思えない羽だが 薄茶色い若々しい羽のヒヨドリを見かけた。 撮ろうとしたら飛び立ったので偶然な写真が撮れた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あきばじんじゃまつり2

梅雨時なので雨が多い祭りだが3時頃わずかに降ったが何とか天気は持ちこたえた。 神輿の渡御は氏子のロマンだ。 還暦を数年過ぎたが小学校で一級下の者達が頑張っているので小生も張り切った。 松戸駅から江戸川までの商店街に属する在来商店の最大のイヴェントである。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かわせみ

ITではカワセミは特別の存在でそれ専門のHPを開いている人もいる。 動きの速いカワセミをどう撮るのか学びたいところだ。 この辺では水元公園に「カワセミの里」という池があるが其処では見た事が無い。 小生も江戸川でほんの数回見た事があるが写真に撮れたのは以前紹介した1回だけ。 http://edogawa.at.webr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かさぼうし

正式な名前は有ると思いますが小型の傘をかぶっている。 小学生の頃樋ノ口の排水機に早朝に釣りに行って浮や錘を入れた 石鹸箱を忘れて来てしまって怒られた事を思い出す。 国も貧乏な時代で物を大切にする気使いは心にしみついて持っていた時代だった。 サマータイムで時間を1時間早くしていて6時に起きて釣りに行ったのだから実質5時起だった …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとやすみ13 まるばうつぎ&ほそひらたあぶ

天気予報をズーッ気にしている。土曜日も雨だったが日曜は晴れの予報だ。 4月30日以来のハイキングに高尾に行った。 ハンショウツルやサツキヒナノウスツボはなかったがコゴメウツギ、マルバウツギ は盛りだった。マルバウツギとホソヒラタアブを紹介しよう。5/21. ホソヒラタアブは江戸川にもいる。3つ前のノイバラにも留まっている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あさつゆ

早朝は土手は乾いているように見えても露で濡れている。 朝露を撮った。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そらとぶ ひばり

暖かくなりヒバリは活発に行動を始めた。 空中で囀るヒバリ。目もはっきり見え口を開いて囀っている。 向きが悪く顔が見えない。 ヒバリは一箇所で羽ばたき囀るが降るときは羽を広げたまま垂直に落下してくる。 着地した所。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとやすみ4 むらさきやしお

30才台に60kgのバーベルを担いでスクワットをやり膝をギクとやった所が 痛み出し鳴き虫山のアカヤシオは断念。 アップダウンの少ない龍王峡でムラサキヤシオを見てきた。 渓谷の両岸にヤシオツツジ、ミツバツツジ、山桜があり野草も豊富だ。 季節の端境期らしく人は少ないのがノンビリ出来る。 葉が出る前に濃い紅紫色の花を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

漁師

江戸川にも専業漁師がいる。 一番の漁獲は稚鮎という。地元松戸で捕れる。 江戸時代には舟の底の栓を開け水を取水し是が江戸で有料で売られたという。 お茶をたてたり、料理に使ったらしい。 1650年迄は松戸で利根川が江戸川と合流し松戸から下流は利根川と呼ばれた。 其の年に利根川は東遷とよばれる事業が完成し東京湾から銚子に流れを変える…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サッカー

昭和20年代は千葉大の工学部、園芸学部のグラウンドで良く野球を やった。そこでサッカーのゴールがあるのに気が付いていたがサッカー とは如何いうスポーツか解らなかった。サッカーを少し理解したのは石原 慎太郎の小説の中に出てきてからだ。 小学校時代の親友がサッカーをやっていて明治大で杉山選手(早稲田の 釜本選手も同時代で並び賞…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

少年野球

少年野球にもピッチングマシーンが登場した。マウンドで大人が操作 しているのが簡易マシーン。 打撃をする少年。体が出来ていないから上のマシーンで間に合うのだろう。 両膝が絞まってないと強い打球を打てない。 昭和40年には小生も家に入り大学時代は準硬式の野球をやっていたので近所のチーム に入れてもらい早朝リーグで汗を流した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野焼き

4月9日は北風がかなり強かったが松戸川にかかる橋の江戸川側を野焼き した直後にであった。30分早かったらオレンジ色に燃え盛る川原が見られた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いぬの調教

犬を障害物コースを走らせるのは難しそうです。 向かって右の犬は上手く走りますが左の犬はコースアウトです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとやすみⅢ さくらまつり

オナガカモ更新http://edogawa.at.webry.info/200603/article_32.html 向島隅田川大道芸 強風にもひるまず流石芸人 隅田川かもめ  都会のカモメは餌に敏感に反応する。モーターボートから投げる餌に群がる カモメ。 上野公園のヒヨドリも投げる餌を空中キャッチをする。 浅草鼓笛隊…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more